くら寿司、スマホで手塚治虫の漫画が読めるサービス「TEZUKA SPOT」を開始

写真拡大

くらコーポレーションはこのほど、同社が運営する寿司チェーン店「無添 くら寿司」の320店舗にて、漫画家・手塚治虫の作品をスマートフォンなどで試聴できる「TEZUKA SPOT」のサービスを開始した。

同サービスは、エリア限定の無線LANコンテンツ配信サービス。「食のあるべき姿を今一度明確に見える形として伝えたい」とする同社と、手塚治虫のメッセージである「自然の大切さ」「愛と平和」「生命の尊さ」を伝える手塚プロモーションとのコラボレーション企画として設置される。「日本の伝統と本物の食を守る」がテーマだという。

店内にWi-Fi接続環境を構築し、接続機能を備えたスマートフォンやタブレット端末から接続することで、作品の視聴が可能となる。混雑時の待ち時間などを快適に過ごせるよう狙った。

配信される作品は、手塚治虫漫画全集の全400巻、モーションマンガ50本に加え、7月12日からは回転寿司業界の裏表をドラマ仕立てでオリジナル漫画化した「KURA」が新連載となる。

配信期間は2014年6月末日まで。オリジナル漫画「KURA」は毎月第2金曜日更新・全12話発表を予定している。作品の試聴は無料。モーションマンガは音声付き動画のため、イヤホンの利用が望ましいとのこと。詳細は「TEZUKA SPOT公式ページ」公式ページを参照のこと。