大作偏重のハリウッドを憂うスピルバーグPhoto by Kevin Winter/Getty Images For AFI

写真拡大

スティーブン・スピルバーグとジョージ・ルーカスが、現在のハリウッドの映画ビジネスの崩壊を予言したとハリウッド・レポーター紙が報じた。

南カリフォルニア大学映画学部の新校舎の設立を記念して行われたイベントに、スピルバーグは盟友のルーカスとともに参加。大作偏重の現在のハリウッドでは、ヒットメーカーですら映画企画の実現に苦労しているとスピルバーグ監督は告白。「娯楽の選択肢がたくさんあるなかで、スタジオは小さくて個性的な映画をたくさん作るよりも、大きな注目を集める大作映画に2億5000万ドルをかけるほうを優先している」と、ハリウッド映画が画一化してしまっていることを嘆いた。

また、「いずれ大きなメルトダウンが起きるはずだ。3作か4作、あるいは6作ほどの超大作映画が立て続けにコケて、大きなパラダイムシフトが起きるはずだよ」と予言している。大作偏重主義のあとに、なにが待ち受けているのかに注目が集まる。

ルーカスは「大作映画のみ映画館で上映され、それ以外の作品はすべてテレビのオンデマンド放送になる」と予測。さらに「劇場館が激減して、たくさんの魅力を備えた巨大な映画館だけが生き残る。映画のチケット代は50ドルから100ドル、あるいは150ドルと、いまのブロードウェイ劇やNFLの試合と同じようになる。映画鑑賞は高価になり、ブロードウェイ劇と同じように同じ映画が1年を通して公開されるようになるよ」

「スター・ウォーズ」や「ジョーズ」といった大ヒット映画で、現在まで続くハリウッドのトレンドを生み出したふたりが、このような発言をするのは興味深い。今後のハリウッドから目が離せない。

■関連記事
人気テレビゲーム「HALO」をスピルバーグが実写ドラマ化
スピルバーグ次回作にブラッドリー・クーパー主演 米最強の狙撃手の実話を映画化
「リンカーン」に続くスピルバーグ監督の新作は「オバマ」?
キューブリックの「ナポレオン」をスピルバーグがテレビシリーズ化
スティーブン・スピルバーグ、米編集者組合から特別賞