大阪府・USJの後ろ向きコースター”バックドロップ”、期間を延長して運行

写真拡大

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、期間限定で開催している後ろ向きコースター「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド〜バックドロップ〜」を、9月30日まで延長することを発表した。期間中は、「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」は、フォワード(前向き走行)とバックドロップ(後ろ向き走行)のどちらも運行する。

「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド〜バックドロップ〜」は、コースター「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」の後ろ向きバージョン。”ありえない”角度で後頭部から急降下するスリルと、スピード感ある爽快な乗車体験で、ゲストからは「怖かったけどもう一回乗りたい」などの声が多く寄せられている。

当初は7月7日までの期間限定イベントだったが、人気と好評を受けて、このほど開催期間の延長を決定。9月30日まで運行する。

また、アトラクションの待ち時間を短縮できる「ユニバーサル・エクスプレス・パス」の「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド〜バックドロップ〜ver.」も期間を延長して販売する。同アトラクションを含めた7アトラクション対象のブックレット7(5,600円)と、4アトラクション対象のブックレット4(3,900円)の2種類。

また、同パークと「SMAP」とのコラボレーション 「UNIVERSAL STUDIOS JAPAN×SMAP:WORLD ENTERTAINMENT PROJECT」も実施。SMAPの新曲「Battery」は同アトラクション登場を記念して書き下ろしたもので、聴きながら搭乗することで、乗車体験はスリリングでエキサイティングになるように演出されている。