ドラマ「BAD BOYS J」映画化決定!
 - (C) 劇場版「BAD BOYS J」製作委員会

写真拡大

 ジャニーズの人気アイドルグループSexy Zoneのメンバー、中島健人が主演を務める現在放送中の深夜ドラマ「BAD BOYS J」の映画化が決定し、中島が映画初主演を務めることが明らかになった。


 同作は、広島を舞台に3つの不良グループが繰り広げる壮絶な闘いと熱い友情を描いた青春ドラマ。原作は累計発行部数5,000万部を超える田中宏の人気コミックで、今年4月よりテレビドラマが日本テレビの深夜枠で放送されている。


 不良グループ「極楽蝶」のリーダー・司に中島、広島ナンバーワンのグループ「ビイスト」のリーダー・段野にKis-My-Ft2の二階堂高嗣、「極楽蝶」と対立する「廣島ナイツ」のリーダー・ヒロにA.B.C-Zの橋本良亮が扮(ふん)するほか、トリンドル玲奈やAKB48の板野友美、乃木坂46の橋本奈々未、松村沙友理らが出演。映画ではさらなる新キャストも加わり、広島の覇権を狙う3つのグループに新たな強敵が現れるという。


 映画化決定に中島は「撮影中からドラマだけで終わらせたくないというのが、僕の希望だったので本当に幸せ。感謝の気持ちでいっぱいです」と喜びをあらわにする。また、「僕が演じる桐木司は、大切な人のためだったら命を燃やすくらい闘っているので、そこを強調していきたいです。ワイルドさとキュートさ、彼の二面性もしっかりと演じきることが大切だと思っています」と意気込んだ。(編集部・中山雄一朗)


劇場版「BAD BOYS J」は11月9日より全国公開