「I LOVE YOU」に出演する(左から)戸田恵梨香、多部未華子、真木よう子

写真拡大

女優の戸田恵梨香、多部未華子、真木よう子が、ソフトバンクモバイルのスマートフォン向け総合エンタメアプリUULAのオリジナルドラマ「I LOVE YOU」に出演し、廣木隆一監督と初タッグを果たしていることがわかった。また、主題歌は、尾崎豊の名曲「I LOVE YOU」を「BIGBANG」のボーカリストD-LITEとバイオリニストの葉加瀬太郎のコラボレーションでカバーする。

「I LOVE YOU」は、注目の男性作家陣が恋愛をテーマに執筆した、同名短編小説が原作。今作では、伊坂幸太郎氏の「透明ポーラーベア」(戸田主演)、石田衣良氏の「魔法のボタン」(多部主演)、本多孝好氏の「Sidewalk Talk」(真木主演)の3エピソードをドラマ化する。戸田は“遠距離恋愛”、多部は“幼なじみの告白”、真木は“別れ”という恋愛におけるターニングポイントに向き合い、廣木監督のもと揺れる女性の心の機微を繊細に演じきった。

主演の3人は、以前から廣木監督との仕事を熱望していたそうで、5月1〜26日に行われた撮影を満喫した様子。3人それぞれが、長回しのシーンを印象深い思い出として挙げている点も特徴的。戸田が「良い緊張感と豊かさがあるなかで臨めて、今この瞬間を生きていると感じられました」と話せば、多部は「ああいう風に空気感をカット割らずに出来るのは私も好きで、毎回楽しみながらやっていました」と同調する。

真木は「上手なんです、感情を引き出すのが」と説明する。例えば、「『泣け』と指示してしまうのは簡単だけれども、それをあえて何テイクも何も言わずにやっていくことで、役者自身に考えさせますよね。それに悪意を感じなくて、きちんとこっちに考えさせてくれる監督で、私はまたご一緒したいと思いました」と最敬礼だ。

一方の廣木監督は、「初めての組み合わせは新鮮で、それぞれが持つ個性が見えるキャスティングになったと思います」と起用が成功したことを示唆するコメント。さらに「恋を確認して、恋に気づいて、恋を振り返る役どころを、それぞれが今まで見せてくれなかった表情で演じてくれた。3人ともが、軽やかで艶めかしい雰囲気を自然に演じられる役者ということを確認できました」と称えた。

「透明ポーラーベア」には濱田岳、金子ノブアキ、三津谷葉子、鈴木杏、「魔法のボタン」には池松壮亮、リリー・フランキー、「Sidewalk Talk」には金井勇太が出演している。7月18日から、「透明ポーラーベア」を皮切りに3エピソード(全15話予定)を、UULAが独占で順次配信していく。

■関連記事
河瀬直美監督、若手映像作家にエール「世界の扉を開いてほしい」
ショートショートフィルムフェスティバル&アジアに「UULAアワード」新設
「のだめ」「東のエデン」ほかノイタミナ13作品がスマホアプリ「UULA」で一挙配信
柴咲コウ&笹川美和が初共演「恋守歌」ビデオ、UULAで独占配信
原田眞人監督が若者に提示する“映画の明るい未来”