ライバルであり義兄弟を演じた内海賢二さんの死に悲痛な思いをつづった神谷明
 - 画像はブログのスクリーンショット

写真拡大

 テレビアニメ「北斗の拳」でラオウの声を演じた内海賢二さんが13日、がん性腹膜炎のため亡くなったことを受け、同作の主人公ケンシロウの声優を務めた神谷明が、自身のオフィシャルブログで悲痛な思いをつづった。


 13日付のブログ記事で神谷は、「悲しい知らせが届きました。大好きな先輩、内海賢二さんがお亡くなりになりました」と内海さんの死を報告。11日に内海さんを見舞っていたことを明かすと、「2時間ほどお話をし、力強いお声に安心して戻ったばかりでした」と振り返った。


 帰り際、内海さんは「神谷ありがとうな!」の声と共に「満面の笑顔とダブルのピースサインを」プレゼントしてくれたという神谷。「早く元気になって欲しい・・・その望みも絶たれてしまいました。正直言って、信じられないのと、認めたくない思いが錯綜しています。これ以上書くと、涙が止まらなくなるので、お許しください」と無念をつづった。


 内海さんとのことは、落ち着いてから改めてしたためるといい、最後に神谷は「内海さん、長いことお世話になりました。そして、ありがとうございました。ボクの中では、いつまでも生きています。どうぞ、ゆっくり休んで下さい」と感謝の言葉と共に故人をしのんだ。


 内海さんは13日の午後3時1分、がん性腹膜炎のため東京都新宿区の病院で亡くなった。(編集部・入倉功一)