破局したペン・バッジリー(右)とゾーイ・クラヴィッツ(左)

写真拡大

 交際して約2年になるテレビドラマ「ゴシップガール」のペン・バッジリーとゾーイ・クラヴィッツが別れたという。


 「つらい別れとかではなく、今も二人の仲はいいですよ。恋人としてうまくいっていなかっただけで、別れは円満でした」と関係者はUs Weekly誌に語っている。


 ゾーイはレニー・クラヴィッツと元妻で女優のリサ・ボネの娘。映画『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』『アフター・アース』などに出演しており、女優としてのキャリアも順調のようだ。2014年にはシャーリーズ・セロン、トム・ハーディと共演した映画『マッド・マックス:フューリー・ロード(原題) / Mad Max: Fury Road』が公開予定のほか、ヴェロニカ・ロスのティーン小説を映画化した『ディヴァージェント(原題) / Divergent』の撮影を現在シカゴで行っている。


 ペンはジョシュ・ハートネットとロザリオ・ドーソンと共演した映画『パーツ・パー・ビリオン(原題) / Parts per Billion』がクランクアップしたばかり。


 「二人の俳優としてのキャリアは違う段階にあり、会う時間もなかったようです」と関係者はコメントしている。(BANG Media International)