女優業への意欲を語った秋元才加

写真拡大

 アイドルグループAKB48からの卒業を発表している秋元才加が13日、都内で行われた映画『スプリング・ブレイカーズ』の試写会に出席、「客観的に見ていた」という第5回AKB48選抜総選挙の感想と共に、グループ卒業後の進路について語った。


 総選挙について「(メンバー)みんなホッとしてるんじゃないかな」と感想を述べた秋元は、「総選挙はたくさんの人の愛情を受け取れる場所。愛情を受け取れるお祭りのようなもの」とコメント。世間を沸かせた指原莉乃の優勝についても「それこそ、これぞお祭りという最後だったんじゃないですか」と振り返った。


 一方で、総選挙で卒業を発表した篠田麻里子について聞かれると「たくさん卒業するメンバーがいて、わたしの卒業がかすんでしまうのでは」と自分の卒業への不安を口にする一幕も。自ら「マスコミの皆さん、よろしくお願いします」と報道陣語りかけ、周囲を笑わせた。


 さらにグループ卒業後の目標について「樹木希林さんのような女優さんになりたい」と明かした秋元。「殺人鬼や娼婦のような、絶対にアイドルがやらないような役に挑戦したい」と意気込むと、「自分の殻を破って、いろんな意味で周囲の期待を裏切っていける女優になれたらいいなと思います」と決意を語った。


 この日のイベントには、パフォーマンス集団・あやまんJAPANのルーキタエ、サムギョプサル和田、めんそ〜れ愛菜、たまたまこも出席。若手女優たちの水着姿も見どころの本作にかけて、仲良くビキニ風衣装を披露した5人だったが、秋元は上着で上半身を隠し、「今年初めて水着を着ました」とどこか恥ずかしそうだった。あやまん監督は、ポールダンスの挑戦による腰痛の後遺症のため、この日は欠席した。


 映画『スプリング・ブレイカーズ』は春休みを舞台に繰り広げられる、女子大生たちのセクシーで過激な青春模様と成長を描いた作品。(取材・文 名鹿祥史)


映画『スプリング・ブレイカーズ』は6月 15日 よりシネマライズほかにて全国公開