ポスタービジュアルも完成した「甘い鞭」

写真拡大

“エロスの女王”として人気絶頂の女優・壇蜜の主演映画「甘い鞭」(石井隆監督)の予告編とポスタービジュアルが完成し、映画.comが独占で入手した。忘れることができない、忌まわしい過去を背負って生きる主人公・奈緒子を演じた壇が、身も心もさらけ出して臨んだことがうかがえる、衝撃的な内容に仕上がっている。

角川ホラー文庫20周年記念作品として製作される今作は、大石圭氏の問題作が原作。壇扮する奈緒子は、昼は不妊治療専門の医師、夜はSMクラブのM嬢というふたつの顔をもつ。17歳の夏、隣家の男に拉致監禁され、1カ月にわたり陵辱され続けた末に男を殺害して“地獄”から生還したが、いまもなお壮絶なトラウマを抱えたまま生きているという設定だ。

予告編では、奈緒子というひとりの女性の“昼と夜”“過去と現在”が交錯し、侵食し合うさまを抜粋している。緊縛、鞭打ちなど、石井監督作「花と蛇」の再現といえるほどハードなSMシーンに果敢に挑んでおり、苦悶の表情からは並々ならぬ覚悟がうかがえる。

また、17歳の頃の奈緒子を演じた、グラビアアイドル出身の間宮夕貴の堂々たる存在感からも目が離せない。ヘアヌードも辞さずに撮影に臨み、男の腕力になす術もなくねじ伏せられ、もてあそばれ続けるという難しい役どころを演じ切っており、今作で大いなる飛躍を予感させる。

「甘い鞭」は、9月21日から全国で公開。

■関連記事
壇蜜、佐々木心音主演「フィギュアなあなた」で“ガラスバー”のダンサーに
【予告編】「フィギュアなあなた」
壇蜜、石井隆監督「甘い鞭」主演で壮絶ヘアヌード 昼は女医、夜はSM嬢役
壇蜜、優香主演「タニタの社員食堂」でセクシー看護師に
町山智浩、佐々木心音&伊集院光にホラー映画の豆知識を指南