内海賢二さん ご冥福をお祈りいたします

写真拡大

 テレビアニメ「魔法使いサリー」のパパや「北斗の拳」のラオウなどの声を演じたことで知られる声優の内海賢二さんが13日、がん性腹膜炎のため亡くなった。75歳だった。


 所属事務所で会長も務める賢プロダクションによると、内海さんは13日の午後3時1分、がん性腹膜炎のため東京都新宿区の病院で死去。葬儀や告別式については未定だが、喪主は妻で声優の野村道子が務める。


 内海さんは1937年8月26日、福岡県北九州市生まれ。声優はもちろん俳優、ナレーターとしても活躍した。アニメ声優としては1963年の「狼少年ケン」の片目のジャック役でデビュー。「サイボーグ009」の008、「Dr.スランプ アラレちゃん」の則巻千兵衛など、低音ボイスを生かした悪役から、ひょうきんな役まで、幅広いキャラクターを演じた。近年も「バジリスク 〜甲賀忍法帖〜」「鋼の錬金術師」などに出演している。


 また洋画吹替えでは、スティーヴ・マックィーンやジャック・ニコルソンらの声を担当。映画ファンからも広く知られているほか、テレビ番組やCMのナレーションも数多く担当し、お茶の間でもその声が親しまれた。(編集部・入倉功一)