映画『ジム・キャリーはMr.ダマー』より
 - 写真:AFLO

写真拡大

 1994年に公開され大ヒットした映画『ジム・キャリーはMr.ダマー』の続編を製作予定だったワーナー・ブラザーズが、製作を断念したことがThe Hollywood Reporterほか複数のメディアで報じられた。


 本作は、前作でメガホンを取ったピーター・ファレリーが、弟ボビー・ファレリーと今作では共同監督を務め、製作は映画『メリーに首ったけ』のブラッドリー・トーマスとチャールズ・B・ウェスラー、映画『マキシマム・ブロウ』のブラッド・クレヴォイ、映画『ビューティフル』のスティーヴン・ステイブラーが担当し、オリジナルで主役を演じたジム・キャリーとジェフ・ダニエルズが再出演することになっていた。


 だが、ワーナー・ブラザーズが製作したジム・キャリー出演の新作『ジ・インクレディブル・バート・ワンダーストーン(原題) / The Incredible Burt Wonderstone』の興行成績が芳しくなかったことと、続編の世界的な興行収入がそれほど見込めないことで、ワーナー・ブラザーズは製作を断念したようだ。もっとも、オリジナルの作品は1,700万ドル(約17億円=1ドル100円換算)の製作費で、2億4,700万ドル(約247億円)の興行収入をあげていた。


 続編のストーリーは、ロイド(ジム・キャリー)とハリー(ジェフ・ダニエルズ)が、ハリーの娘(娘が存在を知らなかった設定)の腎臓移植のために腎臓の提供者を探し出す設定だそうだ。


 ただ、今回ワーナー・ブラザーズは製作を断念したものの、新たな製作スタジオを探し、再び製作が始動する可能性はあるようだ。果たして続編は製作されるのだろうか? (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)