2位に2打差をつけロケットスタートを決めた(撮影:ALBA)

写真拡大

<サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 初日◇13日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(6,537ヤード・パー72)>
 兵庫県にある六甲国際ゴルフ倶楽部で開催中の「サントリーレディスオープンゴルフトーナメント」の初日。最高気温36.3度を記録する猛暑の中、圧巻の9バーディを奪取した成田美寿々が自身初の初日首位発進を決めた。
LIVE写真館で「サントリーレディス」の初日を振り返る!
 自身のベストスコアとなる“64”をマークした成田だが、初日のプレーはボギーからのスタートとなった。普段からノーボギーのラウンドを強く意識しているという成田だが、1番でボギーを叩いたことで逆にリラックス。3番ホールから5連続バーディを記録して上位に顔を出すと、その後も勢いは衰えずさらに4つのバーディを奪取。2位のアン・ソンジュに2打差をつけ最高のスタートを切った。
 成田は昨季の「富士通レディース」でツアー初優勝、今季はさらなる躍進が期待されていた。しかしここまでベスト10フィニッシュは1度もなく賞金ランクも51位と低迷している。その大きな原因となっているのはショットの不調。ただし不調といっても練習場ではしっかり打てるが、コースに出ると上手く打てないというもの。成田自身、かなり悩んでいたようだ。
 しかし今大会ではショットが復調、その転機となったのは先週の「ヨネックスレディス」を休んで地元に帰ったことだった。もともと練習で打てるのだから、後は気持ちの問題、「息抜きになりました」と語るように一時試合を忘れて気分転換できたことが大きかったようだ。
 「このスコアで私のゴルフが戻ってくれれば良いところまでいけると思うんですけど」と不安が完全に払拭されたわけではないようだが、まずは復調への第一歩を踏み出した。成田本来の攻撃的なゴルフを取り戻すことが出来るか、明日は重要なラウンドとなる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
森田・横峯ともに初日45位タイと出遅れるも「明日は大丈夫」
岡村咲、悪夢を乗り越えて初日4位タイ好発進!「楽しくラウンドできました
「AKB48山内鈴蘭のナンでもやってやろう」更新!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアー賞金ランキング