キスを送るデジタルコンテンツ バーバリーとGoogleが開発

写真拡大

 バーバリーが、グーグルとパートナーシップを組み、新しいデジタルコンテンツ「バーバリー・キス」を発表した。グーグルのコラボレーションプロジェクト「Art, Copy & Code」の一環で、ユーザーのキスマークを作成しメッセージと共にメールで配信することができるサービスが展開されている。

「バーバリー・キス」公開の画像を拡大

 「バーバリー・キス」で送信するキスマークは、デスクトップではWebカメラで唇を撮影し、モバイルからは画面に直接キスをすることで唇の形を認識して作成。オプションとして、バーバリー ビューティのリップカラーから好きな色を選んでペイントすることができる。キスマーク付きのメールが送信されると、受信者がいる場所までの経路をGoogle EarthおよびStreet Viewと連動した鳥瞰の3Dアニメーションが楽しめて、専用サイトではメッセージが飛び交う様子がリアルタイムで表示される。それらのロケーションマップは、ソーシャルメディアでシェアすることも可能。なお、専用サイト(Kisses.Burberry.com)はGoogle Chromeおよびモバイルから利用することができる。

 バーバリーのチーフ・クリエイティブ・オフィサーChristopher Bailey (クリストファー・ベイリー)は、「バーバリー・キス」について「現実の世界でバーバリーが作り出している体験やエモーションをデジタルでいかに伝えられるか、わたしたちはいつも考えています。テクノロジーにほんの少し人の温かさを与えてみたい、そしてそのテクノロジーで世界のバーバリーファンをつないでみたい、というアイディアからスタートしました」とコメントを発表している。

■バーバリー・キス
 Kisses.Burberry.com