静岡県浜松のゆるキャラ「家康くん」を日本一に! 市内中学生から秘策募集

写真拡大

静岡県浜松市は市のマスコットキャラクター“出世大名家康くん”(以下、家康くん)を、「ゆるキャラグランプリ 2013」にエントリーする。エントリーにあたり、浜松市内の全中学生を対象に「“出世大名家康くん”を日本一にするアイデア(秘策)」を募集している。

今回の施策は、次世代を担う中学生たちが郷土「浜松」を愛し、地域一体となって「浜松」を盛り上げていくことを目的としているという。応募対象者の中学生による、柔軟な発想を地域活性化に取り入れることを目指す。

「家康くん」は同市のマスコットキャラクターで、 前回のゆるキャラグランプリ 2012では第7位だった。今回はこの家康くんを日本一にするアイデア(秘策)を募集する。対象となるのは、同市立48校、国立1校、県立1校、私立7校の全中学生。募集期間は6月5日〜28日。

応募のあったアイデアは庁内の選考委員会で選考し、優れたものを表彰する。表彰は8月20日に広聴広報課が中学生を対象に開催する「夏休み夢会議」で行い、市長から表彰状、家康くんから副賞が授与される。

同施策については、浜松市シティプロモーション情報WEBサイト浜松の元気でも案内している。