ウルトラマンギンガと怪獣サンダーダランビア
 - 左は主人公・礼堂ヒカル役の根岸拓哉

写真拡大

 江東区有明の東京ビッグサイトで開催中の「東京おもちゃショー2013」で13日、『ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル』製作発表会が行われ、本作の世界観および敵の怪獣が明らかにされた。この日はメインキャスト5名(根岸拓哉、宮武美桜、大野瑞生、雲母、草川拓弥)とアベユーイチ監督が来場した。


 テレビ東京系で放送中の「ウルトラマン列伝」が7月10日から「新ウルトラマン列伝」としてリニューアル。この番組内で放送される新ヒーローが「ウルトラマンギンガ」だ。この日の会見では、映画版となる『ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル』の公開日が9月7日になったことが発表。この劇場版は、前半6話分のエピソードの総集編と、それに続く新しいエピソード、さらには同時上映作品も加えた約45分の作品となる予定だ。


 ドラマパートはすでにクランクアップし、現在は特撮パートを制作中だという本作。アベ監督は「光の国の言い伝えに、二つの神秘の道具があるんです。一つが命のあるものの時間を止める『ダークスパーク』。もう一つが呪いを解く『ギンガスパーク』というもの。そしてはるか宇宙のかなたで、ウルトラマンと怪獣たちが、関ヶ原の戦いのようなものをやっていたときに、その『ダークスパーク』が使われてしまって、全てのウルトラマンと怪獣が宇宙に散って、地球に落ちてきた。そこに高校生たち5人が絡んで、お話が展開します」と本作の世界観を明かす。また、この日のイベントでは、劇場版でウルトラマンギンガと戦うことになる巨大怪獣タイラントもお披露目となった。


 一方、主人公・礼堂ヒカル役の根岸拓哉は「先日、初代ウルトラマンの黒部進さん、ウルトラセブンの森次晃嗣さん、ウルトラマンメビウスの五十嵐隼士さん、そして僕の4人で対談があったんですが、その中で黒部さんが『ウルトラマンは兄弟であり、僕らは死ぬまでウルトラマンだよ』とおっしゃって。その言葉がすごく僕の心に落ちまして。確かにそうだなと。僕らもウルトラへの愛は負けていないつもりですが、これからも愛を忘れずにいこうと思いました」とコメント。会場の観客に新たなヒーロー誕生をアピールした。(取材・文:壬生智裕)


「ウルトラマンギンガ」は7月10日より「新ウルトラマン列伝」内で放送(テレビ東京系)

『ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル』は9月7日より全国公開