『攻殻機動隊ARISE』公開記念! ニコ生で「電脳ALL NIGHT」映像上映会など

写真拡大

劇場アニメーション『攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain』の公開を記念して、公開前日となる6月21日(金)に、『攻殻機動隊』の特別番組がニコニコ生放送にて配信されることが明らかとなった。

番組は2部構成となっており、第1部では6月7日に開催され話題となったイベント「攻殻機動隊電脳ALL NIGHT」の模様を収録した映像上映会を開催。『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズの監督を務める神山健治氏、『攻殻機動隊ARISE』シリーズ構成・脚本を担当する冲方丁氏、『攻殻機動隊ARISE』の作画監督を務める西尾鉄也氏をゲストに迎えた、貴重なトークショーを放送する。

続く第2部では、ニコニコ生放送で初となる『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man』が生放送される。本作は、TVシリーズ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』第1シーズンの魅力を凝縮した再編集版となっている。

草薙素子が少佐と呼ばれる前夜の物語が描かれる『攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain』は、6月22日より2週間限定で上映され、劇場ではblu-rayが先行発売されるほか、有料配信も同時スタート。キャストは一新され、主人公の草薙素子役は坂本真綾が演じる。総監督には『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』、『イノセンス』など多くの作品で、本シリーズの制作スタジオである「プロダクション I.G」を支え続けた黄瀬和哉。脚本と構成は冲方丁、音楽は海外でも評価が高い小山田圭吾による一人ユニット、コーネリアスが担当する。さらに『攻殻機動隊』の生みの親である原作者・士郎正宗も本プロジェクトに参加している。

(c) 士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊ARISE」製作委員会