カブドットコム証券、取引手数料無料のフリーETFのキャンペーンを開始

写真拡大

カブドットコム証券は12日、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ・シンガポールが運用するアジア国債・公債ETF(正式名称:ABF汎アジア債券インデックス・ファンド)のキャンペーンを17日から開始すると発表した。期間は7月19日まで。

キャンペーン期間中に対象ETFを10口以上、現物買い、新規買建て・売建てした顧客の中から抽選で50人に5000円プレゼントする。

アジア国債・公債ETFは、現物取引・信用取引での取引の手数料が無料(キャンペーンではない)となる「フリーETF」の対象銘柄11本の1つ。この「フリーETF」は2010年6月18日からサービスを開始し多くの投資家に利用されているという。同社は今後も様々なアセットクラスの「フリーETF」を拡大していく予定としている。

期間6月17日(月)〜7月19日(金)

内容キャンペーン期間中に対象ETFを10口以上、現物買い、新規買建て・売建てした顧客の中から抽選で50人に5000円をプレゼント

対象ETFアジア国債・公債ETF(証券コード:1349)(正式名称:ABF汎アジア債券インデックス・ファンド)

同ETFは、手数料および費用控除前でベンチマーク指数(Markit iBoxx ABF汎アジア指数)に連動する投資成果を上げることを目標としている。中国、香港、インドネシア、韓国、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイの政府および準政府機関が発行する現地通貨建て国債および公債を主な投資対象とする。