オフィスのドアを取り付ける上で”風水的”に注意すべきこと 【オフィスで役立つ『風水』基礎知識】

写真拡大

今回はオフィスのドアについて。

まずは基本的なところから。ドアの取り付け方ですが、オフィスの外から内側に開くのが風水的によいドアです。

これは気の動き方を考えると、当然のことですね。内側から外へ開けるタイプですと、気を招き入れるどころか、出て行ってしまいますから。

ちなみに引き戸の入り口については、通常風水師は避けるのがセオリーになっているようです。新築の場合は、ドアをオススメします。

次に、ドアの形状・材質です。

これも当然のことではありますが、ある程度重くてしっかりしたものが吉です。

ドアはオフィスを守る関所であり、そこで働く人、訪れる人に安心感を与えるべきもの。安っぽいドアではその役割は果たせません。

全面ガラス張りなども明るさや見通しの点ではいいのですが、見えすぎることは中で働く人にとっては、あまりよくありません(「視線」という厳しい気に晒されることになるからです)。

どうしても明るくしたい場合などは、半透明のパーティションなどを駆使して、内部が丸見えにならないように工夫しましょう。

ドアの位置については、建物の都合上変えられないことも多いと思いますが、部屋の角に近ければベストです。

そしてそのオフィスのトップの方の居場所は、ドアの対角エリア(つまりドアから最も遠い位置)が一番です。

また、なるべく「ドアが危険に晒されている状態」も回避したいものです。

例えば、

ドアが長いまっすぐな廊下の突き当たりにある(気が勢いを増して突進してきます)



廊下の梁や角、柱の角がドアに向いている(角は攻撃の象徴となります)



ドアの外(正面)にすぐまたドアがあったりエレベーターの扉などがある(ドアが向かい合うのは風水では凶)



などです。

ドアは単なる入り口ではなく、会社の顔であり、気を受け入れる外の世界との接点です。

非常に重要な部分ですので、いつも清潔にするのはもちろん、もし余裕があれば繁盛している会社さんの入り口、ドア付近の様子を研究してみるのもいいかもしれませんね。