早くも続編製作決定!(C)Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

写真拡大

クリストファー・ノーランがプロデュース、「ウォッチメン」「300 スリーハンドレッド」のザック・スナイダーが監督を務め、「スーパーマン」をリブートするSFアクション超大作「マン・オブ・スティール」が、6月14日の全米公開を前に続編の製作が決定した。

米Deadlineによれば、ワーナー・ブラザースは大成功が見込まれている「マン・オブ・スティール」の続編を急ピッチで進めたい意向だという。続編には、スナイダー監督と脚本のデビッド・S・ゴイヤーの続投が決定しているが、ノーランがプロデューサーに復帰するかどうかは未定。

「マン・オブ・スティール」は、英俳優ヘンリー・カビルがスーパーマン役で主演。エイミー・アダムス、ローレンス・フィッシュバーン、ケビン・コスナー、ダイアン・レイン、ラッセル・クロウらが共演し、8月30日から全国公開される。

■関連記事
「マン・オブ・スティール」特集
米スーパーマーケットで「マン・オブ・スティール」の先行上映のチケットを販売
新スーパーマンに大抜てき 新鋭ヘンリー・カビル緊急来日決定!!
スーパーマン訴訟、米ワーナーが原作者子孫に勝利
「マン・オブ・スティール」本ポスターが公開!