「心が安らぐ、ゆったりとした住まい」を叶える(写真は、イメージ)

写真拡大

ヤマダ・エスバイエルホームは、「今の時代に呼応する『美しい家、美しい暮らし、美しい空気』」をコンセプトとした中高級注文住宅の新商品「E‐CHERIE(E‐シェリエ)」を、2013年6月14日に発売する。

「かゆいところに手が届く」設計

キッチンを中心に、ダイニングやリビング、和室などを大きな1つの空間として考え、開放感のあるオープンゾーニングで構成された「空間〜暮らし方」の概念である「グレートルーム」を基本として、「心が安らぐ、ゆったりとした住まい」を叶えて、おもてなし、寛ぎ、団欒、学ぶ、育てるなどをキーワードに、もっと自由で、もっと楽しい、わが家ならではの進化したライフスタイルを実現する。

また、同社の「女性意見を活かす商品開発活動」で開発した「キッチン収納」や「リビング収納」、「おでかけクローゼット」、「美楽洗面収納」を採用。「かゆいところに手が届く」女性ならではのきめ細かい視点で、家事や生活動線の効率化と充実の収納プランを提案する。

外観デザインは、端正で優美な洋風テイストで、インテリアも優雅で上質な雰囲気を演出するスタイリッシュなテイストを提案。さらに主寝室には、空気質改善効果が注目されている木炭塗料「ヘルスコート」とイオンコントロールシステム「SUMICAS(スミキャス)」を標準搭載した。

これにより、室内の空気に含まれる臭いや湿気、化学物質を吸着し、室内を24時間、森林浴環境に近づけ、リラクゼーション効果と快眠をサポート。キッチンには、天然ろ材で水道水を浄水・活水化して生体内の水に近い水をつくり出す浄水器を標準搭載し、健康で快適な住まいづくりを実現した。

販売価格(本体価格、施工面積あたり52坪の場合)は、磁器質タイル仕様が坪54 万円台〜、サイディング仕様が坪50 万円台〜。