『スマーフ2 アイドル救出大作戦!』の日本語吹替版声優となった五十嵐陽向、高橋みなみ、山崎弘也(左より)

写真拡大

背丈がリンゴ3つ分の小さな青い妖精が活躍する『スマーフ』(11)の続編『スマーフ2 アイドル救出大作戦!』(8月16日公開)の日本語吹替版キャストに、AKB48の高橋みなみ、アンタッチャブルの山崎弘也、ドラマ「とんび」(TBS系)に出演していた五十嵐陽向が決定した。

【写真を見る】下段は、上段の3人がそれぞれ演じたキャラクター

先日の総選挙も大きな話題となったAKB48のグループ総監督を務め、4月にソロデビューも果たした高橋が演じるのは、メインキャラクターとなる妖精の国のアイドル、スマーフェット。今回、ハリウッド映画の声優初挑戦となる彼女は「今回、このような役をいただけてとても嬉しいです!スマーフは幸せを呼ぶ小さな妖精。皆さんがハッピーな気持ちになれるように気持ちを込めて演じたいと思います!」と意気込みを語っている。

山崎は、スマーフェットを誘拐して悪の道にそそのかすはずが、仲良くなってしまう脳天気な敵役ハッカスを演じる。「ザキヤマの人生をこのスマーフ2にぶつけたいと思います!この作品で声が出なくなっても良いぐらいの気持ちで。まあ、実際、声が出なくなることはないと思うんですが、それぐらいの勢いで行くぞ的な感じで頑張ります!」と、山崎らしい“適当”なコメントも発表された。

五十嵐は、「とんび」で佐藤健扮するアキラの3歳の時を演じ、日本中の人々の涙腺を刺激した注目の子役だ。スマーフと一緒にスマーフェット救出に奔走する人間夫婦の長男ブルーの声を担当した彼は「ようせいたちのおはなし、おもしろいよ。ぼくはクラムジーがだいすき!ブルーやくのアフレコがんばります。みにきてね」と本作をアピールしている。【Movie Walker】