学校一モテるツンデレ王子・柊聖を演じる山崎賢人

写真拡大

剛力彩芽主演、人気少女漫画の実写映画「L・DK」(川村泰祐監督)で、剛力演じるヒロイン・葵の相手役となる学校一のモテ男・柊聖(しゅうせい)を山崎賢人が演じることがわかった。

「L・DK」は、「ラブ同居」の略で、同名の原作は「別冊フレンド」(講談社刊)で2009年2月から連載中で、累計発行部数270万部を誇る渡辺あゆ氏の人気漫画。何事にも直情型で暴走しがちな女子高生、主人公・西森葵はボヤ騒ぎを起こしたことがきっかけで、学校一のツンデレモテ男、久我山柊聖と同居することになる。恋には奥手な女子高生と、学校一のモテ男の秘密の同居生活を描くラブコメディ。

剛力と初共演となる山崎は「柊聖という人気キャラクターの役に選んでいただいて、すごくプレッシャーもありますが、演じることを楽しみにしています。久我山柊聖として、内面も外面も自然に居られるように原作を読み込んで、臨みたいと思います。剛力さんとは初共演なので、葵と柊聖の雰囲気を一緒に作っていけたらなと思います。いきなり同居生活になってしまった二人の距離感や原作の世界観を大事にして、皆さんの期待を裏切らない柊聖になりたいと思います」とコメントを寄せている。

「L・DK」は、2014年春に全国で公開。

■関連記事
剛力彩芽「L・DK」西森葵役で映画初主演!初のラブストーリー
“執事” 水嶋ヒロ&“主人” 剛力彩芽「黒執事」場面写真が初公開!
剛力彩芽「黒執事」で男装の少女に!水嶋ヒロの“主人”役
剛力彩芽、ビブリア古書堂店主役に涙の決意「原作に少しでも近づけたら」
剛力彩芽、“本名の起源”知りたい「富士山の案内人という説も……」