「関ジャニ∞」と恋愛トークを繰り広げた桐谷美玲

写真拡大

「関ジャニ∞」の大倉忠義と桐谷美玲が6月12日、主演を務めるラブストーリー「100回泣くこと」の公開を記念し、東京・青山迎賓館でトークイベントを行った。大倉からのサプライズプレゼントとして「関ジャニ∞」のメンバーも駆けつけ、主題歌「涙の答え」を生披露し、会場に集まったおよそ100人の女性ファンを魅了。桐谷も、「感動して泣きそうになっちゃった」と感激しきりだった。

映画を観賞したメンバーの錦戸亮は、「桐谷さん演じる佳美がかわい過ぎて、セリフも切なすぎる。心が洗われた。二日酔いの日に見て、『酔っ払ってる俺、何やねん!』って思った」とツッコミながらも感動。村上信五が「映画が“ピュア・ラブ”を教えてくれた!」と熱弁をふるうと、横山裕も「気づいたら顔がニヤけていた。こんな恋がしたいと思った」と一同は“恋バナ”で大盛り上がり。大倉は、「映画の一番最後にみんなの歌声が後押ししてくれ、最高の余韻になってる。感謝の気持ちでいっぱい」とメンバーに感謝の気持ちを伝えていた。

“恋人の日”であるこの日、教会での結婚式の練習やさり気ないプロポーズのシーンを振り返り、大倉と桐谷は「恥ずかしい」と照れまくり。桐谷は、佳美の熱を下げるために秀一が踊る“解熱の舞”のシーンを述懐し、「衝撃ですよね。それまではすごいクールな方だと思っていたけど、この舞を見た時に『あ、関西の方だ』と思い、すごく楽になった」と裏話を明かした。

中村航の同名小説を原作に、バイク事故で記憶の一部を失った秀一(大倉)と、病に侵された佳美(桐谷)の切ない恋を描く。監督は、「余命一ヶ月の花嫁」「きいろいゾウ」の廣木隆一。「100回泣くこと」は6月22日より公開。

■関連記事
桐谷美玲&高橋真麻、恋愛カウンセラー羽林由鶴に恋愛ガチ相談
「関ジャニ∞」大倉忠義、サプライズの誕生祝いに感激しきり
北川景子&錦戸亮、氷点下の網走で“熱々”ラブストーリー
「釣りバカ」原作者、71歳で監督に初挑戦!主演は國村隼、“ハマちゃん”西田敏行も参戦
松本潤&上野樹里「陽だまりの彼女」感激のクランクアップ!