イケアのモデルルームが新三郷に ファミリー向け住宅を提案

写真拡大

 約51万平方メートルの広大な敷地に広がる埼玉県三郷市の新三郷ららシティに、「IKEA(イケア)」がプランニングしたモデルルームが登場した。「IKEA新三郷店」で購入できる家具を使用した住宅空間を提案。三井不動産レジデンシャルと大栄不動産が進める大規模分譲マンション「パークホームズ LaLa 新三郷」に用意されるモデルルームで、販売開始は7月中旬が予定されている。

イケアモデルのルームが新三郷にの画像を拡大

 家族のライフスタイルが変わる10年後、20年後も想定してインテリアをコーディネートする「イケアモデルルーム」は、3人家族を想定した3LDKで、専有面積は70.15平方メートル、バルコニー面積は12平方メートル。リビングやワーキング&スタディルーム、キッズルームの他、2LDKに変化させることができるウォールドアを設け、暮らしのシーンに応じた多彩な使い分けを提案する。

 JR武蔵野線新三郷駅徒歩3分の場所に位置する「パークホームズ LaLa 新三郷」の近隣には、「IKEA新三郷店」のほか「三井ショッピングパーク ららぽーと新三郷」や「コストコ新三郷倉庫店」といった大型店舗が集積されている。「永住住宅にふさわしい上質の住まい」をコンセプトに250戸が用意され、入居は2014年9月から順次開始される予定だ。