ヤマハ、モトクロス競技用2014年モデルの新型「YZ250F」と「YZ450F」を発表

写真拡大

ヤマハ発動機は12日、水冷4ストロークFIの新エンジン及び、軽量アルミ製新フレームを採用したモトクロス競技用2014年モデルである、新型「YZ250F」を10月1日に、新型「YZ450F」を7月10日に発売すると発表した。なお、YZシリーズ各モデルは国土交通省の認定を受けていないため、ナンバープレートを取得できず、道路の走行は行えない。

2014年モデル「YZ250F」は、新たに開発した「前方ストレート吸気FI・後方排気システム」エンジンを、新設計軽量アルミ製フレームに搭載。同梱パーツの「Power Tuner」により、好みやコース状況に合わせ燃料噴射量と点火時期を調整できる。価格は72万4,500円。

2014年モデル「YZ450F」は、エンジン細部をブラッシュアップして扱い易さとパワフル感を向上。フレームも新設計するなどで一層の軽量化とマス集中化によるパフォーマンス向上を果たという。価格は87万1,500円。

両モデルに共通する新たな特徴は、ループ状にシリンダーを取り巻くエキゾーストパイプ、新設計の軽量アルミ製バイラテラルビーム・フレーム、筋肉美や鳥の羽を連想させるという新ボディデザインなど。

また、2ストロークYZシリーズの「YZ250」「YZ125」「YZ85LW」「YZ85」も、2014年モデルとして今回発表された2車種と共通イメージのグラフィックに変更されている。