雲南省昆明市にあるコーヒー農園での栽培風景【撮影/金伸行】

写真拡大

お金儲けの神様「邱永漢」人生最後の弟子で、2005年より中国四川省成都に在住。日本生まれの韓国人で、現在はグループ会社3社の社長兼取締役を勤める金さん。今回からは金さんと焼肉店「牛牛福」との9年間にわたる格闘の日々の記録。その第1回は、邱永漢氏との出会いから、現職を捨てて成都行きを決意するまで――です。

事業家になることを夢見て……

「あなたの才能をひとつだけ言いなさい」と聞かれたらどう答えますか?

 私の答えは、「すばらしい人と出会う才能には自信がある」です。

 2004年末、私は全世界に52のオフィスを構える、世界でもっとも歴史の長い“外資系コンサルティングファーム”におりました。そこで働きはじめたもともとのきっかけが「すばらしい事業家になるための最短コース選び」だっただけに、5年ほど勤めた私の中に、「コンサルティングという仕事は自分が期待していた以上にやりがいのある仕事だ」という気持ちと、「やっぱり事業という戦場で思いっきり闘ってみたい」という気持ちが共存していました。

“意思あれば道開ける”の言葉どおり、その頃たまたま読みはじめた邱永漢公式サイト「hi-Q (ハイハイQさんQさんデス)」の中に「成都でビジネスホテルやりたい人は?”(2004年11月5日)」という記事を見つけ、さっそく邱先生に手紙くことにしたのが同年12月21日のことでした。

 手紙を投函した後、1カ月ほどなんの連絡もなかったのですが、ある日の昼下がり、虎ノ門のロイヤルホストで一人仕事をしていた時に、先生の秘書の方から電話をいただきました。

「もしもし、わたくし邱永漢事務所の……」の声に、おもわず起立して「はいっ、ご連絡ありがとうございます!」と応えて、まわりのお客さんに変な目で見られたことをよく覚えています。

 こうして、“金儲けの神様”と出会うチャンスは突然やってきたのでした。

「2時間200万円」の出会い

 “1講演=約100万円”。これが、私が先生の講演料について風の噂で聞いた金額でした(真相については先生に確認しておりません)。そこで、「お忙しい先生だから、10分約15万円としておそらく30万円(=20分)が限度だろうな」などと変な計算をしながら、渋谷の邱永漢事務所に着きました。

 コートを脱ぎ、エレベーターを上がったらそこが事務所でした。応接室に座り5分もすると、先生がゆっくりと入ってこられました。

「あなたがキムくん?」と聞かれると、自分のことを紹介する間もなく、すぐにお話が始まりました。

 ホテルの計画だけでなく、雲南のコーヒー農場、成都のイトーヨーカドーなど話題は尽きず、ぐいぐいと先生のお話に引き込まれ、あっという間に200万円=2時間が過ぎました。最後にふと沈黙が訪れ、先生はぼそっと「まあ、君ならできるかも知れんな」と呟かれたのでした。

 正直にいうと、2時間のあいだ合計2分も自分の話をする機会のなかった私は、どうやってそう判断されたのか不思議で仕方なかったのですが、その理由を聞く前に先生から、「まっ、もし本気なら現地を見てらっしゃい」と言われ、迷うことなく、「それでは来週にでも行かせていただきます」と応えました。

 もちろん当時はサラリーマンですから、そんなに簡単に時間の都合をつけられるわけでもないのですが、そこにチャンスがあるのであればつかまない手はありません。

「先生は次回いつ成都に入られますか?」と聞いてみると、「しばらく行く予定はないね……」とちょっとそっけない返事でした。忙しい先生を煩わせることもないと思い、「では一人で見てまいります」と言うと、先生は軽く天井を見上げ、胸の中から手帳を取り出され、「……2月25日だったら一緒に行ってあげてもいいな」とおっしゃるので、「その日にご同行させてください」と即答したのでした。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)