マルハン、無人島インターンシップ開催 - 過酷な状況下で生き残れ!

写真拡大

アミューズメント総合企業であるマルハンは、学生を対象とした「無人島インターンシップ【DISCOVER】”生存 〜Judgment of Life〜 ”」の開催に伴い、参加者の募集を開始した。募集人数は24人程度、応募期間は6月1日から7月13日まで。同企画は学生に自らと向き合う時間を持ち、人生を選択する土台を学んで欲しいという思いから2011年より開始。昨年は23人の募集に対して約80倍の1,815人の応募があったという。

同プログラムのミッションは「生き残れ! そして脱出しろ!」、火起こし、飲み水や食糧の確保などを自分の判断で行う。釣り道具、野草図鑑、ナイフ、懐中電灯、ロープ、ポリタンクなど配られるアイテムに差がつけられた、弱肉強食のリアルトレーディングを実施。過酷な環境下で自らが考え行動することで、仲間と共に「生きる」ことと「存在意義」についての価値観を発見することがねらいだという。本番プログラムは8月実施予定で、参加可能なのは大学生・大学院生・短大生・専門学生(選考分野不問)。

参加者は人材開発部員の一員として、社内研修業務に参加するかたちとなる。社員の「マインド」に対する教育を重要視し、どんな困難にもあきらめずに成長し続けようとするチャレンジ力、熱意を持って自ら行動する情熱性、周囲に影響を与えながら共に成長するリーダーシップ性を身につけるための教育として行われる。

参考:マイナビ2015