食品偽装のタブーに切り込む連続ドラマ

写真拡大

俳優の三上博史が6月12日、都内で行われたWOWOW連続ドラマW「震える牛」の完成披露試写会に出席した。連続ドラマWで主演を務めるのは、「パンドラ」「下町ロケット」に続き3作目。今回は食品偽装をテーマに、真実を隠ぺいする巨大企業に切り込む警視庁の刑事・田川を演じ「スポンサーありきのドラマでは実現しない題材に、一丸となってチャレンジした。作品づくりの純粋性が、映像に表れていると思うし、そういった作品が日の目を見てほしい」と熱っぽくアピールした。

会見には共演する吹石一恵、小林薫が同席した。田川とともに事件を追うニュースサイトの記者・鶴田を演じる吹石は、「ひたすら真実に向かって、突進する役どころなので、心が休まる瞬間がありません」と思わず本音。「記者役とあって、セリフもどちらかいえば“文語”っぽい。終始緊張していましたが、それでドラマの緊迫感に近づければと思った」と振り返る。

一方、小林が演じるのは、悪質な食品偽装を繰り返す加工会社と取引し、その事実を隠ぺいしようとする巨大スーパーマーケットの取締役・滝沢。この日は司会者から「取締役経営企画部長を演じた……」と紹介され、「そういう役なんですか? 今初めて知りました」と苦笑い。WOWOW製作のドラマに出演するのは初めてだといい「スケジュールに追われる空気でもないし、現場に出るお弁当やケータリングも、地上波より充実していた(笑)」。さらに役どころに話題が及ぶと、「もし自分が賄賂をもらえる立場だったら、きっともらっちゃうだろうなって……。そんなことをヒシヒシ感じながら演じた」と笑いを誘っていた。

連続ドラマW「震える牛」は6月16日からWOWOWプライムで毎週日曜夜10時放送(全5 話/第1話は無料放送)。原作は相場英雄による同名小説。

■関連記事
原子力と遺伝子組み換え作物が与える影響を映した衝撃のドキュメンタリー 監督に聞く
三上博史、NHK新ドラマで中年刑事に 栗山千明はアイドル役で歌って踊る
TPP映画祭開催 遺伝子組み換え作物で利益独占する企業を追うドキュメンタリー公開
「フード・インク」ロバート・ケナー監督が来日 安くて危ない食べ物の工業化に警鐘
イルカ漁の映画「ザ・コーヴ」日本公開が決定!漁師の顔は一部カットか?