「もっと音、ちっちゃくして!」 - 耳鳴りに悩まされていたことを明かしたリアム・ギャラガー
 - Barbara Zanon / Getty Images

写真拡大

 ビーディ・アイのリアム・ギャラガーが数年にわたって耳鳴りに悩まされていることを告白した。オアシス時代から大音量で音楽を演奏したり、聴いたりしてきたことが原因だとしている。


 The Sunによると、取材に応じたリアムは「間違いなく、耳鳴りがしているよ。本物のロックスターっていうのは、耳鳴りがするものなんだ」と明かすと、「もうずっと前からうまく折り合いをつけている。我慢もしているよ」と数年前からの症状であることを告白した。


 「耳鳴りがすると、めちゃくちゃ大きな声でしゃべらないといけないんだ」と苦労を語ったリアムだったが、その一方では耳鳴りについて「ロックスターの証し」だと誇りに思っている様子。「(ロックをやっているのに)耳がキンキン鳴っていないやつはクソだね」とコメントしている。


 リアムと犬猿の中で知られる兄のノエル・ギャラガーも今年1月に耳鳴りに悩まされ、病院で脳スキャンテストを受けたことを明かしている。その際は「大音量でギターを弾いたことが原因」と診断されており、やはりギャラガー兄弟は似た者同士なのかもしれない。(編集部・福田麗)