若手女優のアマンダ・バインズ (c)Hollywood News

写真拡大

女優のアマンダ・バインズに、レコード・レーベルから契約のオファーが来ていることが分かった。

交通事故を起こしたり、麻薬所持で逮捕されたり、奇行が伝えられたりと私生活が注目されているアマンダは、以前ラッパーになると自身のツイッターにて発言していた。

そして、「Chinga Chang Records」というレコード・レーベルがアマンダと契約の交渉中だとゴシップサイト「ペレズ・ヒルトン」は伝えている。

同レーベルのダニエル・ハーマンは、「アマンダがヒップホップをやりたいのなら、Chinga Changが一番ですよ」とコメント。「彼女は(ラッパーの)ドレイクよりもギャングスターです」と明かしている。

アマンダの夢を叶えようと、さっそくオファーが来たようである。果たしてアマンダのヒップホップを聞くことのできる日は来るだろうか?【馬場 かんな】