逮捕されたエリン・ブロコビッチ 自分で弁護する?Photo by Ian Willms/Getty Images

写真拡大

2000年の映画「エリン・ブロコビッチ」の主人公のモデル、エリン・ブロコビッチ=エリスが、6月7日夜(現地時間)米ラスベガス近郊のミード湖で、飲酒し酔った状態でボートを操縦したとして逮捕されていたことが分かった。

停泊所にボートを止めようと四苦八苦しているブロコビッチを見つけた管理人は、手助けした時にろれつが回っていなかったことに気付いたという。ボートには男性も乗っていたが、操縦はブロコビッチが行っていたようだ。飲酒検査を行ったところ、法律で定められた2倍以上のアルコールが検出されたため、身柄を拘束。その後、ブロコビッチは1000ドルの保釈金を払って釈放されたが、声明などは発表していない。

スティーブン・ソダーバーグ監督がメガホンをとった同作は、専門的な法律の知識をもたないブロコビッチが水質汚染をまねいた大企業を相手に集団訴訟を起こす姿を描いた。ブロコビッチに扮したジュリア・ロバーツが、アカデミー賞で主演女優賞を受賞したことでも知られている。

現在52歳のブロコビッチは、映画で一躍有名になった後も消費者保護活動家として環境汚染や医療・薬害問題の訴訟に取り組んでおり、昨年の東京国際映画祭「natural TIFF」部門で上映されたドキュメンタリー映画「オアシスからの最後通告」にも出演していた。

■関連記事
警官に反抗して逮捕されたリース・ウィザースプーン、謝罪コメント発表
「LOST」マシュー・フォックスが飲酒運転で逮捕
豪俳優サム・ワーシントン逮捕! 警備員とのケンカで
ポランスキー淫行事件の被害女性が回想録を出版
ラース・フォン・トリアー監督、ナチス擁護発言で事情聴取