マスターマインドのファイナルコラボ相手はアディダスオリジナルス

写真拡大

 「adidas Originals(アディダス オリジナルス)」が、活動休止を迎える「mastermind JAPAN(マスターマインド・ジャパン)」の"ファイナル"コラボレーションとなるカプセルコレクションを発表した。コレクションは7月3日から9日までの7日間限定で、伊勢丹新宿店ザ・ステージで販売。「adidas Originals」のオーセンティックなアイコニックモデルに、「mastermind JAPAN」による厳選した素材や質感、黒のキーカラーを取り入れたランニングシューズやトラックトップ、シェルジャケット、スウェットのセットアップといった幅広いアイテムを揃える。

マスターマインドのファイナルコラボコレクションの画像を拡大

 コラボコレクションのテーマは「BEST of adidas Originals」で、フットウェアは「adidas Originals」のクラシックランニングアイコンであるZXシリーズ初代の「ZX500 OG」と、NBAが流行した80年代当時の人気モデル「RIVALRY HI」にフォーカス。トレーニングシューズの「CTRY」や「GAZELLE OG」、そしてSSのハイカット版で70年代に一世を風靡した「PROMODEL CF」などを揃える。また、アパレルはレザーの「FIREBIRD TRACKTOP」をはじめ、高機能3レイヤーのディアプレックスを採用した雨風に強い「SHELL JACKET」、ラグジュアリーなデザインが特徴の「HOODED SUIT」などのモデルを展開。各アイテムには「adidas Originals」の象徴であるトレフォイルロゴとスリーストライプス、「mastermind JAPAN」のスカルロゴがデザインされている。価格は18,900〜210,000円(税込)。

 アディダス ジャパンのストリートスポーツウエアブランド「adidas Originals」は、贅沢な素材を使用した漆黒のコレクションを15年間に渡り展開してきた「mastermind JAPAN」と2010年にもFIFA2010ワールドカップの開催を記念してコラボコレクションを発表。同じく伊勢丹新宿店で開いた「adidas FOOTBALL STYLE」で展開し、フットウェアやトラックスーツを限定発売して反響を得た。