中田ヤスタカ

写真拡大

今年8月23日から公開となる超大作『スター・トレック イントゥ・ダークネス』。本編内のシーンで使用される楽曲が、本作監督のJ・J・エイブラムスと、きゃりー・ぱみゅぱみゅなど多くのアーティストを手掛けた中田ヤスタカ(capsule)の共同プロデュースによりつくられたことが発表された。

成田空港騒然! 『スター・トレック イントゥ・ダークネス』 ベネディクト・カンバーバッチ 初来日の様子はこちらから!

エイブラムスは『スター・トレック』をはじめ、数多くの大ヒット作を生み出す天才クリエイターとしてその名をはせているが、それと同時に人気TVシリーズ『LOST』『FRINGE/フリンジ』では作曲も担当するなど音楽の造詣が深いことでも知られている。本作では"西暦2259年のクラブ"シーンの音楽を作曲。そのエイブラムスのオリジナル楽曲を、世界6か国のトップアーティストが共同プロデュースすることとなった。

日本からは最先端のミュージックシーンを牽引するトップクリエーター・中田ヤスタカが抜擢され、エイブラムスの描く世界観と中田サウンドが絶妙にマッチした、観客が未来のクラブを体験できるような臨場感あふれるシーンが完成した。
また、ゲストヴォーカリストとして、全世界へ日本の"カワイイ"カルチャーを発信するきゃりーぱみゅぱみゅも参加。映画鑑賞中に注意深く耳を澄ますと、意味深なメッセージが聴こえてくるかもしれない。

今回のコラボについて、中田は「偉大なる『スター・トレック』の世界観の創造に携われたこと、光栄です。エイブラムス監督とのコラボレーションはとても刺激的であり、音楽家として未知なる冒険を体験できました。圧倒的スケールの今作は、かつて僕自身がそうだったように、様々な分野に新しく挑む人々を勇気づけてくれるような映画です。皆様も是非、臨場感にこだわり抜いて制作した楽曲と共に、楽しんで頂ければ幸いです」とコメントしている。

また、エイブラムスは、既にこの楽曲を聴いており「6か国のコラボレーション楽曲中、最高傑作だ」と仕上がりに大満足。この楽曲「Into Darkness」は、7月に配信される予定。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
【動画】『スター・トレック イントゥ・ダークネス』<IMAX特別版予告編(WEB予告編)>解禁!
トム・クルーズも来場! 『スター・トレック:イントゥ・ダークネス』LAプレミア開催
クリス・パイン、J・J・エイブラムス、そしてベネディクト・カンバーバッチも! 『スター・トレック:イントゥ・ダークネス』ワールドプレミアに主要キャスト集結