編集部を訪れた「ゆかたダンサーズ2013」の庄司あり沙さん、くわだまいさん、山本愛さん

写真拡大

東京湾を大型船でクルージングしながら夜景や食事、ダンスなどが楽しめる「東京湾納涼船」の運航が2013年7月1日から始まる。東海汽船が毎年実施しているもので、2012年は85日間の運航期間中、乗船人数が過去最高の約13万人を記録した。イベントをPRするため「ゆかたダンサーズ2013」の3人が、J-CASTニュース編集部(東京・千代田区)を訪れた。

初日は「浴衣女性」の乗船無料

クルーズ初日には女子大生・読者モデルのコミュニティ「ティアラガール」や、ウェブサイト「美人時計(bijin-tokei)」のモデルが浴衣で集まるのに加え、オーディションで選ばれた「ゆかたダンサーズ2013」の9人が全員出演してオープニングを盛り上げる。初日のみ、浴衣の女性は乗船が無料だ。

6月6日に編集部にやってきた「ゆかたダンサーズ2013」の庄司あり沙さん、くわだまいさん、山本愛さんは、色鮮やかな浴衣姿で「東京湾納涼船」の魅力をアピール。今回で出演2回目となる庄司さんは、「パワフルで笑顔が魅力的な9人のメンバーが揃いました。昨年よりパワーアップしたダンスを見て、一緒に踊っていただけたらうれしいです」と笑顔で話した。

ゆかたダンサーズは毎晩3人ずつが日替わりでパフォーマンスを行い、船内には将来プロのDJやアナウンサーを目指す現役大学生による「キャンパスDJ&レポーター」なども登場する。

料金は大人2500円、中高生1000円、小学生500円で、浴衣姿の大人は1000円引きとなる(金・土・日・祝日を除く)。