「スポーツ」はいつから自己啓発になったか-2-

写真拡大

■TOPIC-2 監督はなぜ講演会に呼ばれるのか

1982年、久々にスポーツ関連書籍のベストセラーが現われます。読売ジャイアンツを9年連続日本一、いわゆる「V9」に導いた、川上哲治さんの『悪の管理学——かわいい部下を最大限に鍛える』です。

単純な話ですが、スポーツ関連書籍は概して、次の2つの立場のいずかかから書かれるものです。1つは選手によるもの、もう1つは指導者によるものです。後者はベストセラー上では、前回とりあげた大松博文さんの『おれについてこい』と『なぜば成る』、今回の川上さんの著作、2000年のマラソン指導者・小出義雄さんによる『君ならできる』があります。また、まだ2012年度の『出版指標年報』は刊行されていませんが、プロ野球監督・落合博満さんによる『采配』が2012年度のベストセラーにはランクインするはずです(他のランキングでは軒並み上位に入っています)。なお、今回は選手、指導者以外(たとえばジャーナリスト)が書いたスポーツ関連書籍は考察の対象外とします。

大松さんの著作については前回とりあげたので、ここでは川上さんの著作を紐解いてみたいのですが、ところでなぜ、スポーツ指導者の著作がベストセラーになったのでしょうか。どのような人々が、どのような期待をもって、川上さんの著作を手に取ったのでしょうか。

これについては、川上さん自身が述べている同書の執筆経緯がその答えになるでしょう。川上さんは、巨人軍の監督をやめてから、「多くの企業や団体から講演を依頼されるようになった」といいます。そこで川上さんは「野球に勝つための方法」について話すと、聴衆である「会社経営者や管理職」の人々はそれを熱心に聞き、さらにその場では「経営や管理についてのご質問」が活発に出たといいます。そして川上さんは、聴衆のこうした質問の意味が「なぜか」よく理解できた、というのです(3p)。

こうした経験を経て、川上さんは「野球の世界の勝利への鉄則は、そのままビジネス社会に通じているのではないか」と考えるようになります。「もちろん、一般の社会の構造は、野球チームよりはるかに複雑である」が、野球の世界は「単純化され凝縮された世界であるからこそ、成功と失敗の分岐点がはっきり見え、勝利への教訓なり、人間行動の原則なりを読みとることもやりやすい、ということだったのだろう」というのです(3-4p)。

■単純化された「ヒント」を知りたい

なぜスポーツ指導者の言論が、ときにビジネスの世界にも通じるものとして語られるのか。そして、スポーツと実際のビジネスは違う、といった異論も噴出せずにそのような語りが、この当時から現在に至るまでなぜ連綿となされているのか。私が川上さんの著作を手に取るまえに抱いていたこうした思いは、ほぼ完璧に川上さんによって説明されているといえます。そこに現実の凝縮物をみているのだ、というわけです。近年のいわゆる「なでしこ」、女子サッカー代表監督の佐々木則夫さんの著作はそのバリエーションの一つで、「女性の部下を持つ男性上司に向けて、ヒントをください」(『なでしこ力、次へ』177p)というまなざしが注がれているようです。

ところで、このような読み方は、自己啓発書一般にも通じるものだとは思いませんか。連載の第1回(http://president.jp/articles/-/6907)で、私は自己啓発書について、「私たちの日常生活のなかでは曖昧なままになっていることがら——どう生きるか、どう働くか等——が、端的に『結晶化』されているメディア」だと述べました。私がこう述べたことの意味は、川上さんの言葉を用いて、「単純化され凝縮された」物言いから、現実への教訓なり原則なりが読みとろうとされるメディアが自己啓発書なのだ、と言い直してもほぼ変わらないと考えます。

このようなスポーツ関連書籍へのまなざしは、川上さんを基点に発生したものなのでしょうか。管見の限りでは、もう少し遡れるように思います。川上さん以前に、その采配が注目されたプロ野球監督としては、三原脩(おさむ)さんと水原茂さんを挙げることができます。

たとえば1963年の水原さんによる『勝負師の新兵法』の冒頭には、野村証券株式会社社長(当時)・瀬川美能留さんの「一時野球監督を経営者が招いていろいろな話を聞き、参考にしたことがあったと記憶するが、野球でも事業経営でも、その奥底に流れる真理にかわりはない」(2p)という言葉があります(瀬川さんは『悪の管理学』の裏表紙でもコメントを寄せています)。この時点で既に、スポーツと事業経営は通じるものだと述べられているのです。

1973年の三原さんによる『勝つ——戦いにおける「ツキ」と「ヨミ」の研究』でも、「シーズン・オフになると、よく頼まれて会社などへ話をしにゆくことがある。相手の注文する題は、たいてい『ツキ』とか、『選手の管理法』とか『人の和』などである。『選手の管理法』やチームワークが会社の人事管理や労務管理に、相通じるものがあるかも知れないという期待によるものだろう」(56p)といった三原さんの言及がありました。このように、川上さんの著作以前に、スポーツとビジネスを結びつけるまなざしは存在していたようです。

■「組織」の発見

川上さんの著作の内容に入っていきましょう。以下では、ここまで述べてきたようなスポーツとビジネスが結びつくところ、つまり指導者としてのあり方に注目して各著作を紹介していくこととします。

『悪の管理学』には、しばしば「組織」という言葉が登場します。リーダーには「組織の最大限の力を引き出す義務」がある(6p)、「組織のなかの自分の役割」(40p)、個々の選手の長所を組み合わせて「優秀な組織体に仕立てる」(118p)、等々。人材の力を結集し、その力を発揮させる過程は「総合芸術」だとも表現されています(29p)。

このような、組織を作り上げる存在としての管理者イメージは、それ以前のスポーツ関連書籍にはみられないものだったと考えられます。一例を挙げておくと、少し前に遡って、1973年の三原さんによる『勝つ』を読むと、「人材を育てる」「人を使う」「チームを動かす」「戦術をたてる」「ツキを掴む」といった章が立てられてはいるものの、特に能力を結集させて組織の力を高めるというような発想はみられません。

三原さんの発想はシンプルです。たとえば、川上さんが入団してきた頃のエピソードは次のように語られています。「正直な話、投手としての川上をみたとき、プロで大成しようとは思えなかった」。そこでコーチと次のような話をして、川上さんを打者に転向させます。「あの川上やがな、あれ、投手ではアカンぞ」、「そうかも知れませんね」、「どや、打者にしてみたら」(46p)。万事この調子です。

このシンプルさに対して、1980年前後の著作は、個々の能力を結集させて組織の力を高める、という主張が幾人かからなされるようになります。たとえば広岡達朗さんの『わが教育野球学——組織のパワーを結集する法』では、タイトルも端的ですが、「集団的創造性」(14p)を発揮させることの重要性が説かれています。そのためには、「自分の仕事の本当の目的は何かをしっかりとらえ、目的を達成するために各個人の持っている能力を集団のパワーとして結集していくこと」(14p)が必要で、選手に対して「首脳陣は方針を明確にし、やりがいを感じさせる動機づくり」(15p)を行っていかねばならない等の主張がみられます。

組織としてのあり方を重視するこの頃の指導者論では、軍隊になぞらえた話がしばしばなされるようにもなっています。たとえば1980年、野村克也さんの『敵は我に在り——危機管理としての野球論』では、陸軍中将・石原莞爾の「戦略は、作戦地における武力の運用」「戦術は、戦場における兵力の運用」(127p)という定義が紹介され、それが野球に置き換えられて議論が展開されています。1979年の広岡さんによる『私の海軍式野球』でも、自らの野球を「江田島野球」「海軍式野球」(16p)、つまりかつての海軍兵学校のあった場所になぞらえたうえで、海軍の「軍紀」、つまり「艦全体」のことを考えるような「チーム教育」「集団教育」から野球論が展開されています(23-24p)。

スポーツ、企業、そして軍隊(あるいは戦国大名)における人材・組織管理を通底するものと捉える論法はこの頃から定着し始め、比較的近年まで存続することになります。たとえば『プレジデント』でも、2000年にリニューアルが行われるまで、この論法はよくみることができるものでした。しかしこうしたトレンドは、ここまでに紹介した監督たちから世代が下るなかで、失われていくことになります。

■管理統制から個性重視へ

次に、2012年のベストセラーである落合さんの『采配』をみていくことにしましょう。落合さんの考え方はしばしば「オレ流」、つまり彼独自のスタイルをもつものだと評されます。しかし、先に紹介した川上さんらの時代の著作と見比べてみると、その根底において、近年のプロ野球監督本のトレンドに沿った部分があることがみえてきます。

『采配』の本文は次のように始まります。「『一人で過ごすのは好きだけれど、孤独には耐えられない』 最近の若い選手に対する印象だ」。一人部屋のある生活、テレビゲームや携帯電話が当たり前のようにある環境で育ってきた「若者たちの気質の変化」に配慮して、若い選手が一人で過ごす時間を大切にしてやることが必要だ、というのです(12-13p)。

しかしその一方で、グラウンド上で「何か指示を出してください」といった「ひ弱さ」を見せるようだと、「気質の変化」に配慮している場合ではないとも述べます。プロの選手なのだから、「自分一人で決めねばならない」(13p)、「孤独に勝てなければ、勝負に勝てないのだ」(14p)、と。

他にも、野球での成功を収めるためには「セルフプロデュースする能力が必要なのではないだろうか」(26p)、「今の時代の若い選手に教えておかなければならないのは、『自分を大成させてくれるのは自分しかいない』ということだ」(213p)、「自分で自分を成長させた選手がレギュラーの座を手にしていくのだ」(215p)といった言及もあります。

川上さんをはじめとした1980年代前後の指導者論が新たに注目したのは、個々の能力を結集したところに現われる組織の力でした。この組織の力を最大化すべく、自らを組織の管理者としてつくり直し、部下と自らの立場をしっかり切り分け、部下を統制し、教育し、育てていこうとするのがこの時期の指導者論だったといえます。

落合さんは、選手に対して距離を置くという点では1980年前後の指導者論に通じるものがありますが、個々の選手の能力を伸ばしていくこと、特にどう自立的に考え、自ら成長していく人材を育てるかということをより重要視しているようにみえます。「選手たちにはできるだけ自由にさせたい」(117p)、「自由というものが最大の規律になる」(123p)という言葉にもあるように、上から管理統制するのではなく、個々の選手がプロとして自覚をもって自ら考えて行動し、自ら管理統制することを求めているのだということができます。

■ゼロ年代監督たちの共通項

このような選手の自主性、自立性を尊重する姿勢は、落合さんと並ぶ、おそらくゼロ年代を代表する野球監督といえる原辰徳さんにも同様にみられます。2010年の『原点——勝ち続ける組織作り』では、まず選手には高い意思の力と自主性がまず求められると述べています。何よりもまず自分自身でやろう、というわけです。二軍から戻ってきた主力選手に対しては、「頼むよ」ではなく、「よし、やっと来たか。じゃあ、戦ってみろ。出番を勝ち取ってみろ」として迎えるという言及がありますが(171p)、これもまた、選手に対してどんなときでも高い意思の力と自主性を求めるという姿勢の表われだといえます。

原さんにおいて特徴的なのは、選手を尊敬し、自らは出来る限り高みに立たないという姿勢です。「監督というポジションは、あまり高い位置に上ってはいけないな」(149p)と考え、また試合で防げた失敗について話すとき、選手を責めるのではなく、自分を責めることから話を始める(150p)などの言及がそれです。同じ巨人軍の監督ではあっても、かつて川上さんが「『ハイ、ハイ』と選手のいうことをそのまま受け入れてはいけない。立場がちがうのだ」(『悪の管理学』49p)と述べたような、監督と選手の境界を画然と引いて管理統制する、という姿勢とは大きく方向性が異なっていることがわかります。

このような姿勢については、野球解説者の張本勲さんが『原辰徳と落合博満の監督力』のなかで引いている原さんの次の発言により端的に表われています。

「(2度目の監督就任時は原さんも50歳近くなったために、選手と監督の間に:引用者注)壁があるのは仕方がない。それでも、その壁のために選手が言いたくても言えない状況をつくるくらいなら、壁をとっぱらってでも、選手とコミュニケーションするようにしている」(99p)

埼玉西武ライオンズ監督の渡辺久信さんも、『寛容力——怒らないから選手は伸びる』で原さんに近い考えを示しています。同書では、渡辺さんが就任直後の秋季キャンプにおいて「大上段に『俺の方針はこうだ』とぶつけるよりも、まず個別に選手としっかり話し合って、密にコミュニケーションを取る」ほうが、選手との相互理解を図れると考えたことが紹介されています(19p)。渡辺さんはこのように考える根拠について、次のように述べています。

「『それでは監督の威厳が保てないのでは』と考える方もいらっしゃると思います。しかし今の時代の若い子たちは、そういった“上から目線”の権威や押しつけで、思うように動いてくれるような精神構造ではありません」(20p)

この後には、今の若い選手は「怒られ慣れていない」(23p)とする言及もあります。だからこそ、コミュニケーションをとって、「適切な言い方を選び『言葉の力』で選手を理論的に指導していく能力」(24p)が必要だと議論は続きます。

■監督が語る「若者論」の読み方

さて、近年の代表的なプロ野球監督の著作をいくつかみてきました。すべて同じというわけではありませんが、彼らにほぼ共通するのは、かつてのように組織のあり方をまず重んじ、個々の選手を統制しようとする姿勢が弱いことです。集団の規律がまったく重んじられていないわけではありませんが、それよりも選手の個性を尊重し、それを最大限に発揮させるような動機づけ、環境整備が指導者の責務の中心になってきているようにみえます。

こうした変化の根底にあるのは、落合さんと渡辺さんが直接言及しているような「若者観」ではないかと考えます。現代の若者はこうだから、かつてのやり方ではついてこない、だから違った対応をとらねばならないのだ云々、という考え方のことです。

ところで、連載第3テーマにおいて私は、自己啓発書は俗流若者論の側面をもつことを指摘しました(http://president.jp/articles/-/7410)。スポーツの指導者が示す若者論はどうでしょうか。これらは指導者の日々の経験のなかで育まれたもので、決して根拠のないものではありませんが、客観的な検証の手続きにのっとって得られた見解だとまではいえないはずです。

私がここで述べたいのは、スポーツ指導者が語る若者論も俗流若者論だ、ということではありません。そうではなく、それが連載第3テーマ「年代本」に示されるような若者バッシングの俗論であれ、落合さんや渡辺さんが述べるような自らの経験と照合された(しかし客観的とはいえない)見方であれ、世の中に流通している「若者論」は基本的には非客観的な経験則なのだということです。それによって、日々若者は把握され、処理されているのだということです。

組織全体のあり方を重視した上からの管理統制から、個々の人員の個性発揮を重視へ、という指導者たちの物言いの力点移行は、日本の教育が1980年代から現在にかけて移行させてきた力点でもありました。すると、スポーツ指導者たちの物言いからみえてくるのは、ただのスポーツ論ではなく、その時々の若者論でもあり、またそのような若者にどう対処するのかという教育論でもあるといえないでしょうか。

今回は、スポーツ関連書籍の1つの立場として、指導者の手によるものをみてきました。TOPIC-3と4では主に、もう1つの立場である選手によるものをみていきますが、その論点を先に示しておくことにします。次回TOPIC-3ではオリンピック選手、TOPIC-4ではサッカー選手とプロ野球選手をそれぞれ事例に、いつ頃から多くの選手が自己啓発書然とした自著を出すようになったのか、その動向を追っていきます。また、各選手の著作の内容を比較検討することを通して、スポーツ関連書籍とは何なのか、そして私たちはそうした書籍から何を学ぼうとしているのかを考えてみたいと思います。

----------

『悪の管理学――かわいい部下を最大限に鍛える』
 川上哲治/光文社

『なでしこ力、次へ』
 佐々木則夫/講談社

『勝負師の新兵法』
 水原茂/ベースボール・マガジン社

『勝つ』
 三原脩/サンケイ新聞社出版局

『わが教育野球学――組織のパワーを結集する法』
 広岡達朗/毎日新聞社

『敵は我に在り』
 野村克也/サンケイ出版

『私の海軍式野球』
 広岡達朗/サンケイ出版

『采配』
 落合博満/ダイヤモンド社

『原点――勝ち続ける組織作り』

 原辰徳/中央公論新社

『寛容力――怒らないから選手は伸びる』
 渡辺久信/講談社

『原辰徳と落合博満の監督力』

 張本勲/青志社

----------

(牧野 智和=文)