ドコモから販売された10.1インチのAndroidタブレット「dtab」

写真拡大

最近電車の中でもスマートフォンに続きよく見るようになったタブレット端末。ITオンチ記者にとっては、いまひとつPCやスマホとどう違うか分からないのが本音です。そこで週末を利用し、本当に使えるのか、またどれくらい使えるのかを生活の中で試してみました。

使ってみたのは、ドコモの最新タブレット「dtab」。Wi-Fi専用のAndroidタブレットで、ドコモユーザーなら9975円(※)で買えてしまいます。映画やテレビなどのエンタメコンテンツが充実しているので、万が一使いこなせなくても、見逃したドラマを観られれば"元は取れる"と踏んでこれに決めました。

大画面で映画鑑賞 通信費もかからず安心

第一印象は、思っていたより薄くて画面が大きい。10.1インチあるので、朝食中にアーティストのライブ映像や海外ドラマをBGVとして流してもなかなかの迫力です。Wi-Fiのみなので、追加の通信費もかからず安心。映画や海外ドラマ、アニメ、音楽が見放題の「dビデオ」は、月額525円かかりますが、移動中の暇つぶしを考えればこれは買い。9975円での購入条件として6か月間のdビデオ契約が必須ですが、このお得感ならさほど抵抗感はないと思います。

土曜午後、仕事の打ち合わせため外出。待ち合わせのカフェが満席だったため、急きょ違うお店を探すときにも役立ちました。公衆無線LANやスマホとテザリング接続することでネットワークにつながるし、文字入力も、50音順、手書き、音声入力などがあり、ストレスなく検索することができます。ドコモのスマホから発行することもできるdocomoIDで「dマーケット」のコンテンツを利用できるので、確保したカフェで電子書籍やマンガを読んでのんびり待てました。

PC&スマホでできることはほぼOK 女子力のUPもお任せ!?

外でも使えることが分かりましたが、注目すべきは"夜の活躍"です。自立スタンドを使えば安全にキッチンに置けるので、料理レシピサイトを大画面で見ながらの夕飯作りもOK。指1本でページも変わるのでストレスを感じることなく新しいレシピ開拓に臨めます。

日曜は「dショッピング」で、水やお米を買い物したほか、PCやスマホの代わりとして活用。いずれも回線速度や動作に問題はありませんでした。

夜は布団の中で再び映画&ドラマ観賞。BeeTVのオリジナルコンテンツも見放題なのもうれしいところです。ちょうど向井理さん、斎藤工さん、金子ノブアキさん、小出恵介さん出演のオリジナルドラマ「最上のプロポーズ」が配信中で、無事?女子力を高めながら眠りにつくことができました。

2日使った結果、なるほどノートPCの代わりにもなるし、やりたいことはほぼできたという感じです。9975円でここまで使えるとは正直意外。タブレット初心者でもすぐに使いこなせる仕様も個人的にはうれしかったです。ドコモユーザー以外は正規料金(2万5725円)での購入となりますが、追加の回線契約も不要なので、PC代わりにという人にとっては十分考える余地はあると思います。

※ドコモ契約者のうち、「spモード」および「dビデオ」を規定利用期間契約が必要