歪んだ身体のプロポーションを整える側面ストレッチ - 1日1分からの筋トレ

写真拡大

整体師の大山奏です。気づけばカバンはいつも右肩、そろえていた足もいつの間にか組んでしまっていた! 身に覚えがある人も多いと思いますが、こうしたクセで身体は知らぬ間にストレスを受けています。

身体の片側だけに力を加え続けると、だんだん身体は歪(ゆが)んできます。それを防ぐためには毎日1分のストレッチで、身体のコリをほぐしてあげることが重要です。コリがほぐれれば、自然と血流やリンパの流れもよくなり、肌荒れや便秘解消にもつながります。今回は、日々のクセで身体が歪まないように、身体の側面を延ばすストレッチを紹介します。

Step1:両足を肩幅に開いて立ち、両手を頭の後ろで組みます



Step2:息を吐きながら身体全体を遠くへ持っていくイメージで、身体を横に倒していきます



Step3:ゆっくり元に戻してから、反対側へ身体を倒します



気持ちいいと感じるところまで、ゆっくり倒してみましょう。腹式呼吸ができればなおいいです。身体を伸ばしきってから2、3回呼吸をしてください。

ポイントは前かがみにならないことです。身体を横に倒す時は、天井や空を見てください。前かがみのクセもつかなくなり、胸も張れます。呼吸もしやすいですし、酸素が身体に回りやすくなります。

身体の側面が伸びてくると、腰の筋肉もストレッチできます。腰痛のもとは背中側ですが、筋肉のコリは横を伸ばすことでも解消できます。痛くならない程度に動かすことが、腰痛予防には重要です。

側面はコリやすく、硬くなりがちな部分です。自覚症状が少ないため、慢性的にこっている人も多いと思います。一度固まってしまうとストレッチするのも辛くなるので、コリはその日の内に取るようにしましょう。

身体のどの部分も同じですが、血流が悪いと老廃物がたまってしまい、美容にも影響を及ぼします。1日1分自分の身体を労わってあげることが、一番のアンチエイジングかもしれません。