女優ゾーイ・クラヴィッツと破局した俳優ペン・バッジリー (c)Hollywood News

写真拡大

人気ドラマ「ゴシップガール」で知られる26歳の俳優ペン・バッジリーが、ミュージシャンのレニー・クラヴィッツの24歳の娘である女優ゾーイ・クラヴィッツと破局したことが明らかになった。

「USウィークリー」誌によると、2人はお互いのキャリアに専念するために友好的に別れたのだという。「ゴシップガール」でブレイクを果たしたペンは、テリーサ・パーマーやジョシュ・ハートネットと共演した映画『Parts Per Billion』(原題・日本公開未定)の撮影を最近撮り終えたばかりである。そして、ゾーイは新作映画『Divergent』(原題・日本公開未定)の撮影中で、現在シカゴにいるという。

ペンは過去に2007年から約3年間、「ゴシップガール」で共演している女優のブレイク・ライヴリーと交際していた。ゾーイは俳優のベン・フォスターや、映画『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』(11)で共演したマイケル・ファスベンダーと交際していたことがある。

2人は、映画やテレビドラマの撮影でそれぞれが多忙を極めるため、2人の時間を作ることが難しくなってしまったのかもしれない。今後の2人の活躍をファンたちは心から応援していることだろう。【村井 ユーヤ】