決死の表情のビルボをとらえた初公開画像

写真拡大

「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソン監督が、同作に連なる新たな冒険を描く「ホビット」3部作の第2部「ホビット スマウグの荒らし場」(原題)の特報映像が6月12日、全世界で一斉解禁となった。また、同作の日本公開が2014年3月に決定、これにあわせて日本初公開画像を入手した。

魔法使いガンダルフの誘いを受け、平和な村から思いがけず壮大な冒険の旅に出ることになった温厚なホビット族の青年ビルボを主人公に、アトラクション感覚あふれるダイナミックなアクションと、細部まで作り込まれたファンタジー世界“中つ国”を最新VFXで描いた第1部「ホビット 思いがけない冒険」。13人のドワーフたちの勇気と熱い友情、そして小さなホビットが挑む大きなアドベンチャーは、世界興行収入10億ドルを越える大ヒットを記録した。

第2部「スマウグの荒らし場」では、巨大な邪竜「スマウグ」に奪われたドワーフの王国という旅の目的地にさらに近づき、冒険は激しさを増していく。公開された特報映像(ワーナー エンターテイメント ジャパン公式YouTube http://www.youtube.com/user/WBondemandで配信中)では、「ロード・オブ・ザ・リング」3部作でおなじみのオーランド・ブルーム扮するレゴラスが登場。また、闇の森に住むエルフの王スランドゥイル(リー・ペイス)、エルフ族のタウリエル(エバンジェリン・リリー)、谷の王バルド(ルーク・エバンス)など、新たなキャラクターが次々と現れ、最後にはスマウグの姿も明らかになるという、緊迫感あふれるものとなっている。

剣を持ったビルボをとらえた初公開画像も同様に、よりシリアスさが増したもの。陽気なはずのホビットが、泥と汗にまみれ苦悶の表情を浮かべている様子は、第2部で描かれる旅が壮絶なものになることを予感させる。「ホビット スマウグの荒らし場」(原題)は、2014年3月公開。

■関連記事
【特集】「ホビット 思いがけない冒険」
ホビット通信
独占入手!「ホビット」キャラクター別特別動画第2弾
“ホビットご一行”来日!ピーター・ジャクソン監督「今までで一番楽しい体験」
ワーナー・ブラザース90周年 特集ページ