向後の7日株:強気の初値買い!注目度大の新規上場バイオ株(458X)
7日以内に株価が沸騰しそうな株を毎日1銘柄ズバリ! 業績サプライズ系、株価出遅れ系、さらに思惑系も…さあ、チェック!!

ペプチドリーム(4587)が今日の注目銘柄!

11日に東証マザーズに上場し、初日は公開価格2500円を3250円上回る5750円の買い気配の値付かずで取引を終えた同社に対して、強気の初値買いで注目します。明日は即金規制適用で初値が付くとみています。

同社は、特殊ペプチド医薬に特化した事業を展開しています。「特殊ペプチド」とは、同社窪田氏(現同社代表取締役)の造語で、生体内タンパク質を構成する20種類のL体のアミノ酸だけではなく、特殊アミノ酸と呼ばれるD体のアミノ酸やNメチルアミノ酸等を含んだ特殊なペプチドをいうそうです。

同社は、独自の創薬開発プラットフォームシステムであるPDPS(Pepti de DiscoveryPlatformSystem)を活用して、国内外の製薬企業との共同研究開発のもと、新しい医薬品候補物質の研究開発を行っています。

このPDPSの特徴は、多様性を持った特殊ペプチドのライブラリーを作製し、標的分子(ターゲットタンパク)に対して適した特殊ペプチドを短期間でスクリーニングすることが可能だということです。

現在は、国内外8社の製薬企業との間で共同研究開発を進めており、共同研究開発先は、米国ファイザー社、スイスノバティス社、英国グラクソ・スミスクライン社、英国アストラゼネカ社、米国ブリストル・マイヤーズスクイブ社、米国アムジェン社、第一三共株式会社、田辺三菱製薬株式会社と、グローバル大手製薬企業が名を連ねています。

今後、マイルストンやロイヤルティ等の対価が発生する可能性が非常に高い点が魅力です。注目度が高い、人気の高い新規上場で、先高観が強い同社株は、初値示現後、初値を下回らない限り、好需給を背景に、過熱感を伴いながら上昇を続けるとみています。

向後はるみ(HARUMI KOUGO)
黒岩アセットマネジメント

金融・経済を日々研究し、タイムリーな銘柄情報に定評がある。投信、先物、FXなど金融商品の仕組みにも詳しい。テクニカルアナリスト、ファイナンシャルプランナー。