J.J.エイブラムスと『スタートレック』楽曲を共同プロデュース 提供:Warner Music Japan Inc.

写真拡大

パラマウント ピクチャーズが配給する夏休み映画の大本命『スター・トレック イントゥ・ダークネス』の監督でハリウッドを代表する大ヒットメーカーJ.J.エイブラムスと中田ヤスタカ(capsule)の夢のコラボが実現、本編内のシーンで使用される楽曲を共同プロデュースすることが発表された。

J.J.エイブラムス監督は、前作『スター・トレック』の大ヒットを受け、近頃『スター・ウォーズ』新シリーズの監督にも就任。
数多くの大ヒット作を生み出している他、人気TVシリーズ「LOST」「FRINGE/フリンジ」では作曲も担当するなど音楽の造詣が深く、本作では“西暦2259年のクラブ”シーンの音楽を作曲。そのJ.J.監督のオリジナル楽曲を、世界6カ国のトップアーティストが共同プロデュースすることとなった。

日本からは最先端のミュージックシーンを牽引する中田ヤスタカ(capsule)が抜擢され、J.J.監督の描く世界観と中田サウンドが絶妙にマッチした、観客が未来のクラブを体験できるような臨場感あふれるシーンが完成した。
また、ゲストヴォーカリストとして、全世界へ“カワイイ”カルチャーを発信するきゃりーぱみゅぱみゅが参加。映画鑑賞中に注意深く耳を澄ますと、意味深なメッセージが聴こえてくるかもしれない。

J.J.エイブラムス監督は、既にこの楽曲を聴いており「6カ国のコラボレーション楽曲中、最高傑作だ」と仕上がりに大満足。
この楽曲「Into Darkness」は、7月にシングル配信される予定だ。

「スター・トレック イントゥ・ダークネス」
監督:J.J.エイブラムス
出演:クリス・パイン、ザッカリー・クイント、ゾーイ・サルダナ、
ベネディクト・カンバーバッチ、サイモン・ペッグほか
8月23日(金)よりTOHO シネマズ日劇ほか、全国超拡大ロードショー!【ハリウッドニュース編集部】