トム・クルーズ主演映画『オブリビオン』脚本家がHBOでSFシリーズに着手

写真拡大

トム・クルーズ主演で現在日本でも公開中のSF大作『オブリビオン』の脚本家の一人、カール・ガイダシェクがHBOで新作SFシリーズ『The Spark』の製作に着手していることがわかった。

『オブリビオン』来日記者会見の様子はコチラから!

Deadlineによると『The Spark』は、科学技術産業の発展した近未来の地球に、太陽系を超えて信号が届いたことで起こる人間模様が描かれる。物語は精神的・技術的に人知を超えた信号の謎に人類がどう対処するのか、そしてその謎を解明しようと試みる女性主人公を軸に展開していくとのこと。ガイダシェクいわくSF作品の5大柱「異星人との接触」「人口知能」「技術躍進」「宇宙探索」「物語の起源」の人間的レベルを探求するという。ガイダシェクは脚本のほか、エグゼグティブ・プロデューサーも務める。

ガイダシェクが手がけ、昨年スタートしたABCの新シリーズ『Last Resort』は巨大な陰謀と戦う潜水艦とその乗組員たちのミリタリー・サスペンスだったが、残念ながらシーズン1での終了が決定。こちらは映画『ターミネーター2』『ザ・ユニット 米軍極秘部隊』のロバート・パトリック、『ドールハウス』のディーチェン・ラックマン、『フェリシティの青春』のスコット・スピードマンらが出演している。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
トムが殺されかけた相手とは? 『オブリビオン』来日記者会見の全貌公開!
トム・クルーズ主演『ミッション・インポッシブル5』製作決定!
「リアルに演じないと○○仲間が許してくれないんだ!」トム・クルーズが今年2度目の来日! 『オブリビオン』来日記者会見