新スーパーマンに世界が注目、ワールド・プレミアに220媒体が集結。

写真拡大

8月30日より全国公開される“新スーパーマン”こと映画「マン・オブ・スティール」。そのワールド・プレミア6月10日(米国時間)19時から、米ニューヨークのリンカーン・センターで行われた。

ワールド・プレミアの舞台に選ばれたのは、スーパーマンゆかりの地・ニューヨーク。ニューヨーク映画祭の会場にもなっているリンカーン・センター内アリス・タリー・ホールで、1,000人の観客に初披露となった。

この日は朝からあいにくの雨で、ブロードウェイ間近なこの地に敷かれたレッド・カーペットにも急遽屋根を設置。しかし、その中に70台のTVカメラと150台のスチールカメラを含め、世界中から220媒体の報道陣が集まり、「マン・オブ・スティール」が世界中の注目を集めていることが証明された。

そして現地時間の19時、新スーパーマンを演じたヘンリー・カビル、ヒロインのロイス・レーン役のエイミー・アダムス、クリプトン星の産みの親を演じたラッセル・クロウとアイエレット・ゾラー、地球での育ての親であるケント夫妻を演じたケビン・コスナー、敵役ゾッド将軍を演じたマイケル・シャノン、レーンの上司を演じたローレンス・フィッシュバーンに加え、監督のザック・スナイダーも登場。豪華キャスト&スタッフがレッド・カーペットに登場し、雨の中でテント越しに見守る観客のヴォルテージも最高潮に達した。

新スーパーマンのヘンリー・カビルは、「富士山に登るとしたら、スーパーマンはどうやって登りますか? 飛びますか?」との質問に「スーパーマンは誰かを助けに行くんじゃなかったら、多分一歩一歩を楽しむために歩くと思う。でも、誰かを助けに行くときだったら、一刻でも早く行くために飛ぶと思うよ。(映画について)ぜひ日本で『マン・オブ・スティール』が成功して欲しいし、そのつもりでいるよ。良いストーリーだし、皆さんに楽しんでもらいたい」と日本向けにコメント。

スーパーマンの養父を演じたケビン・コスナーは「日本は大好きだよ。日本は僕のキャリアを支えてくれた。最初に行った時の空港での出迎えや見送りには感動したね。映画は大作だし、美しい名作になると思うよ」、デイリー・プラネット社の編集長役を演じたローレンス・フィッシュバーンは「(日本語のタトゥーをあしらったTシャツで登場)世界で最も有名なスーパーヒーローの映画に出演できて、すごく光栄に思っている。ぜひやりたかった役なのでとても嬉しいよ。CBSニュースのエド・ブラッドリーという素晴らしいジャーナリストからこの役のインスピレーションを得たんだ」。

さらに監督は「(映画を完成させた今の気持ちを)大満足している。大ファンだったし、この話が企画される前から大好きだった。映画に出来るなんて思ってもいなかったから、本当に恵まれている。光栄だよ。日本の皆さんには、ぜひスーパーマンの心とパワーを見てもらいたい。今まで見たことのないスーパーパワーを見せるからね」と、それぞれコメントを寄せた。

映画「マン・オブ・スティール」は8月30日(金)新宿ピカデリーほかにて全国ロードショー(3D/2D同時公開)。


☆「マン・オブ・スティール」ストーリー

宇宙の中心に君臨するクリプトン星。高度な文明とプログラミングされた社会維持システムで栄華を誇ったこの星は、皮肉にも文明を維持するための乱開発で終焉を迎えようとしていた。若き指導者のひとり、ジョー・エルは産まれたばかりの幼い息子に最後の希望を託す。クリプトン星の爆発寸前に小さき命を載せた宇宙船が向かったのは辺境の惑星――地球だった。

そして30年の月日が流れ、理解ある養父母に育てられ彼はクラーク・ケントという名の青年となった。養父母の言いつけを頑なに守り、秘めたる力を封印して。しかし、その封印を解く日がやってきた。クーデターを起こし、追放されたクリプトン星の生き残りのゾッド将軍がクラークを追って地球に襲来し、地球にかつてない危機が訪れる。クラークはなぜ追われるのか? ゾッド将軍の目的は? そして地球と人類の運命は?