J・J・エイブラムスとコラボする中田ヤスタカ

写真拡大

J・J・エイブラムス監督がリブートした人気シリーズの最新作「スター・トレック イントゥ・ダークネス」で、エイブラムスと中田ヤスタカ(capsule)が、本編内で使用される楽曲「Into Darkness」を共同プロデュースすることがわかった。ゲストボーカリストとして、きゃりーぱみゅぱみゅも参加する。

エイブラムスは自身が手がけるTVシリーズ「LOST」「FRINGE/フリンジ」では作曲も担当するなど音楽の造詣が深く、本作では“西暦2259年のクラブ”シーンの音楽を作曲した。その楽曲「Into Darkness」を、日本やアメリカなど世界6カ国のトップアーティストが共同プロデュースすることとなり、日本からは中田が抜擢された。

中田は「偉大なる『スター・トレック』の世界観の創造に携われたこと、光栄です。J・J・エイブラムス監督とのコラボレーションはとても刺激的であり、音楽家として未知なる冒険を体験できました。圧倒的スケールの今作は、かつて僕自身がそうだったように、様々な分野に新しく挑む人々を勇気づけてくれるような映画です。皆様も是非、臨場感にこだわり抜いて制作した楽曲と共に、楽しんで頂ければ幸いです」とコメントを寄せている。

中田が手がけた日本版「Into Darkness」は、エイブラムスがつくり上げた「スタトレ」の世界観と中田サウンドが絶妙にマッチし、未来のクラブを体感できるような臨場感あふれるシーンとなった。エイブラムスは「6カ国のコラボレーション楽曲中、最高傑作だ」と仕上がりに満足しているという。同楽曲は、7月に配信される予定。

「スター・トレック イントゥ・ダークネス」は、8月23日から全国で公開。

■関連記事
【作品情報】「スター・トレック イントゥ・ダークネス」
栗山千明、好みのタイプはスポック!「スター・トレック」続編で吹き替え声優
ブライアン・バーク氏、「スター・トレック」最新作の出来栄えに強い自信
悪役ジョン・ハリソンの圧倒的存在感 「スタトレ」最新作のポスター&予告公開