インテリア産業協会 平成25年度定時総会開催

写真拡大

(公社)インテリア産業協会は、6月11日(火)に京王プラザホテルにて平成25年度定時総会を開催、平成25年度の基本方針、および収支予算を承認した。
同協会では、公益社団法人への移行2年目、かつ創立30周年という節目を迎える今年度、インテリアコーディネーター、キッチンスペシャリストの人材育成と一般ユーザーへのインテリアの普及に向けた施策として、(1)IC・KSの魅力、将来性の訴求、(2)生活者に信頼されるIC・KSの人材育成、(3)ストック社会を背景にリフォーム関連団体との連携、(4)若い世代のユーザーに向けたインテリア普及・啓蒙活動の実施、という4つの事業方針を打ち出した。
また設立30周年記念事業として、協会の新しいロゴマークの発表、30周年記念誌の発行、中学生向けのインテリア副読本の発行と配布、インテリアコーディネーションコンテスト「高校生部門」の新設、といった取り組みも紹介された。
なお定時総会に引き続き懇親会が開催され、冒頭の挨拶で山口会長は改めて今年度の4つの事業方針を発表し、インテリア業界発展のために全力で取り組んでいくと語った。