4月に死去した映画評論家ロジャー・エバート氏Photo by Sean Gallup/WireImage

写真拡大

今年4月にガンのため70歳で死去した、アメリカを代表する映画評論家ロジャー・エバート氏のウェブサイトRogerEbert.comが、編集責任者に新たに気鋭の評論家を迎えて継続されることになった。

エバート氏の妻で同サイト運営者であるチャズ・エバートが発表した。新エディターに就任したのは、米ニューヨーク、ブルックリン在住の44歳のマット・ゾーラー・サイツ。ニューヨーク・マガジン誌や同系列のブログVulture、タイム・アウト・ニューヨーク誌などに映画&テレビ評論を寄稿している。

エバート氏は亡くなる直前まで、同サイトのリニューアルに力を注いでいた。RogerEbert.comでは、エバート氏が46年間に及ぶ映画評論家生活で残した膨大な数の映画評も閲覧可能だ。

■関連記事
故ロジャー・エバート氏が熱狂的に支持した映画5本
アメリカを代表する映画評論家ロジャー・エバート氏が死去
マーティン・スコセッシ、米映画評論家の人生をドキュメンタリー映画に
映画評論家ロジャー・エバートの2012年の映画ベスト10
映画格付けレポートCinemaScoreがはじめて一般に公開