メゾンキツネの女性モデルに水原希子、東京で撮影

写真拡大

 「MAISON KITSUNÉ(メゾン キツネ)」が、2013-14年秋冬シーズンのルックブックに水原希子を起用した。日本を舞台にルックブックが制作されるのは「MAISON KITSUNÉ」創業以来初。東京をベースに活動しているカメラマン川島小鳥(かわしま ことり)が撮影を担当した。

メゾン キツネのルックブックに水原希子の画像を拡大

 「MAISON KITSUNÉ」は、2013年2月に国内初のショップを2店舗同時オープンさせたことや、刺激があり好きな街であるという理由から東京での撮影を決定。東京を拠点に活躍している水原希子に加え、フランスの実力派俳優ニール・シュナイダーを起用した。渋谷や表参道、原宿で撮影された写真には代々木公園や東郷神社、「CAFÉ KITSUNÉ」なども背景として登場。純粋で自然なスタイルの川島小鳥により、街を歩きながら少しずつ仲を深めていく2人の自然な雰囲気が映し出されている。

 「MAISON KITSUNÉ」の201-14年秋冬シーズンのテーマは、メンズが「Military Street Chic」、ウィメンズが「Classic Meets Street」。トラッドとモダンを融合させ、シックな「MAISON KITSUNÉ」らしいストリートスタイルが表現されている。