東京都・代々木公園で、旬の食材などが並ぶ「アースデイマーケット」開催

写真拡大

アースデイマーケット実行委員会は16日、東京都・代々木公園にて「東京朝市・アースデイマーケット」を開催する。

同イベントは、東京都心を舞台に継続的に開催されている本格的ファーマーズマーケット。「食と農のつながり」を軸に、作り手みずからが消費者と直接コミュニケーションすることで、両者のつながりが広がり、深まることを目指すという。

会場では、東京都内をはじめ、主に関東エリアの農家・生産者による、季節感の感じられる旬の食材が並ぶ。化学肥料や農薬の使用を極力控えた、自然なプロセスを通じて育った農産物と、そうした食材を活用した加工品・飲食品などを選ぶことが可能となっている。

また、竹製のテントをはじめ、天ぷら油の回収・リサイクル、NPO活動への寄付など、環境や社会貢献に関する活動も支援。フェアトレードグッズの紹介や販売も推進する。

開催日時は、6月16日 10時〜16時で、雨天決行。場所は代々木公園 けやき並木(東京都渋谷区代々木神園町2-1)。入場無料。その他、詳細は同イベントWebページで確認できる。