シリーズ歴代記録を更新!(C)2013青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

写真拡大

人気アニメシリーズの劇場版第17作「名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)」が、6月10日時点で観客動員291万5894人、累計興行収入35億0940万6150円を突破。興行収入35億円でシリーズトップを誇っていた第13作「名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)」(2009)を破り、シリーズ歴代最高記録を塗り替えた。

今作は、防衛省・海上自衛隊全面協力のもと、イージス艦の体験航海に参加したコナンたちが、国家機密をめぐり、艦内に潜伏しているスパイに挑む姿を描く。4月20日の公開初日から51日で、前作「名探偵コナン 11人目のストライカー」(32億9000万円)対比で109.4%を記録する快挙を見せている。

また、シリーズ累計観客動員4000万人を突破したほか、初となる藤本賞にも輝いた。今年12月には、人気アニメ「ルパン三世」とコラボレーションした「ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE」の公開が決定している。

■関連記事
【作品情報】「名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)」
名探偵コナン新作「絶海の探偵」は海上自衛隊が完全協力
「ルパン三世VS名探偵コナン」夢の対決がスクリーンで実現
柴咲コウ、現役女性自衛官からの恋愛相談に「私が聞きたいですよ!」
劇場版「コナン」参加の柴咲コウと斉藤和義がスパイになって潜入したい場所は?