三井住友カードとデジタルガレージ、ポイントUPモールで来店促すO2Oサービス

写真拡大

三井住友カードとデジタルガレージは10日、ポイントと連動した実店舗への送客サービスを今秋から開始すると発表した。

三井住友カード会員向けショッピングサイト「ポイントUPモール」内で紹介する実店舗への訪問を予告したのち、一定期間内にその店舗でクレジットカードを利用すると、獲得できるワールドプレゼントのポイントが増えるO2O(Online to Offline)サービス。

このたび展開するサービスでは、実店舗への送客に向けたコンテンツをポイントUPモール内に新たに用意する。コンテンツはこのサービスに参加する実店舗の一覧などで構成されており、店舗の名称や所在地に加えて、その店舗で三井住友カードを使い商品を購買すると獲得できるワールドプレゼントのポイント倍率(2倍〜20倍)が確認できる。利用者は一覧の中から自分が近々訪れたい店舗を選び、その店への訪問を予告するエントリーボタンをクリックする仕組みになっている。クリックしてから一定期間内に実際にその店舗で三井住友カードを利用して商品を購入すると、来店予告をした際に確認した倍率でワールドプレゼントのポイントが付与される。

昨今、さまざまなO2Oサービスが試みられているが、「新たなインフラを整備する必要がある」「クーポン回収などに伴い店頭オペレーションが煩雑になる」といった店舗側の課題や、「来店時に専用アプリを起動する必要がある」「クーポン入手が煩わしい」「クーポンの利用を申告することが恥ずかしい」といったユーザー側の課題も浮かび上がっているという。このたび提供するサービスは、ポイントUPモール内の専用ページにエントリーボタンを配置するだけで済むため、店舗側において、インフラ投資や新たなオペレーションが不要。また「来店」からさらに踏み込んだ、「購買」という消費行動における最終行為を確認することで、販促キャンペーンの実績把握が可能になるという利点もある。ユーザー側においては、事前にエントリーボタンをクリックの上カードを利用するだけで、表示倍率のポイントを獲得できるという手軽さがあるという。

なお、デジタルガレージはこのたびの取り組みにおいて、O2Oサービスに関連したコンテンツを含むポイントUPモールの運営・管理といった業務を担う。

両社は今後も協力し、対象店舗やコンテンツの拡充を図るとともに、将来は同サービスのアプリ化、顧客の位置情報・属性・利用実績(ネット+リアル)などに応じた最適なコンテンツのリコメンデーションなどの実現を目指していくとしている。